ねこ元気ってやばい?安全性を口コミ評判や成分からペットフードアドバイザーが徹底解説!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

飼い主100人のリアルな声からわかったこと…それは、安いキャットフードをあげ続けると、愛猫が思わぬ健康トラブルに見舞われてしまう可能性があるという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のキャットフードの中には、不安の残る品質の原材料(またはお肉)が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛猫に、もしそうとは知らず食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のキャットフードは何か、47種のキャットフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

 

\キャットフード選びに悩む日々とお別れしよう!/

  • 「ねこ元気って食べない方がいいってほんと?」
  • 「SNSで否定的な意見をよく見かけるんだけど、実際はどうなの?
  • 「ねこ元気が安全か危険なのか、本当のことを知りたい…」

ライフステージや健康状態に応じた、14種類のラインナップで、いろいろな猫に合わせて購入できるねこ元気

テレビCMや販売している店舗の多さから、抜群の知名度を誇るブランドです。しかしながらネットやSNSではわるい噂が多いため、本当に食べさせて大丈夫なのかと気になってしまいますよね

そこで今回この記事では、ねこ元気を使った飼い主、愛猫がどうなったのかの口コミ体験談を基に、ペットフードアドバイザーの資格を持つ私が忖度なしで徹底評価します

 

この記事でわかること
  • ねこ元気は本当に食べてはいけないのか、真偽がわかる
  • ねこ元気を実際に食べさせた人の生の感想がわかる
  • 黙っているだけで本当は危険な材料などが使われていないか、分析結果がわかる

 

はるま
ネタバレ:ねこ元気は有名でコスパもいいけど、安全性の面で積極的におすすめできないキャットフードかな・・・

 

  評価結果
総合評価 Cランク
①栄養バランス 3 out of 5 stars (3 / 5)
②安全性 0.5 out of 5 stars (0.5 / 5)
③人気と実績 5 out of 5 stars (5 / 5)
④コスパ
5 out of 5 stars (5 / 5)
フレーバー
  • お魚ミックス まぐろ・かつお・白身魚入り
  • お魚とお肉ミックスまぐろ・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り
  • お魚と野菜入りミックス まぐろ・かつお・白身魚・緑黄色野菜入り
内容量

1kg / 2kg / 3.5kg

【健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)
お魚とお肉ミックス】
1.6kg

【肝臓の健康維持用13歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【肝臓の健康維持用15歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【肝臓の健康維持用20歳を過ぎても
すこやまに まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【肥満が気になる猫用
まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
2kg

【下部尿路の健康維持1歳~10歳頃まで
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg/2.8kg

【下部尿路の健康維持10歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【毛玉ケア まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
900g/1.8kg

【毛玉ケア 肥満が気になる猫用
まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
1.8kg

【避妊・去勢した猫の体重ケア
まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
1.6kg

【複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド
まぐろ・かつお・白身魚・チキン入り】
3kg/5kg

 

価格(税込み表記)

【1kg】1,053円
【2kg】1,246円
【3.5kg】1,560円
※ECサイト調べ

【健康に育つ子ねこ用
(離乳から12ヶ月)お魚とお肉ミックス】
1.6kg:ECサイトに掲載なし

【肝臓の健康維持用13歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg:1,246円

【肝臓の健康維持用15歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg:1,246円

【肝臓の健康維持用20歳を過ぎても
すこやまに まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg:1,246円

【肥満が気になる猫用
まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
2kg:1,246円

【下部尿路の健康維持1歳~10歳頃まで
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg:1,246円/2.8kg:1,544円

【下部尿路の健康維持10歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg:1,246円

【毛玉ケア まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
900g:706円/1.8kg:1,246円

【毛玉ケア 肥満が気になる猫用
まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
1.8kg:1,246円

【避妊・去勢した猫の体重ケア
まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
1.6kg:1,246円

【複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド
まぐろ・かつお・白身魚・チキン入り】
3kg:1,512円/5kg:1,955円

1日当たりの価格 38円(2kgパック価格で算出)
フードのタイプ

ドライフード
(※ウエットフードの設定あり)

【総合栄養食パウチ 成猫用(1歳から)】

  • まぐろ入りかつお
  • ささみ・まぐろ入りかつお

60g:88円

 

【総合栄養食パウチ 15歳以上用】

  • まぐろ入りかつお

60g:88円

対応年齢

全年齢対応

【健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)
お魚とお肉ミックス】
 :子猫(離乳から12ヶ月)

【肝臓の健康維持用13歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
:13歳頃

【肝臓の健康維持用15歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
:15歳頃

【肝臓の健康維持用20歳を過ぎてもすこやに
まぐろ・かつお・白身魚入り】
:20歳頃

【肥満が気になる猫用
まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
:成猫(1歳~)

【下部尿路の健康維持1歳~10歳頃まで
まぐろ・かつお・白身魚入り】
:成猫(1歳~)

【下部尿路の健康維持10歳頃から
まぐろ・かつお・白身魚入り】
:10歳頃

【毛玉ケア まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
:成猫(1歳~)

【毛玉ケア 肥満が気になる猫用
まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
:(1歳~)

【避妊・去勢した猫の体重ケア
まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
:成猫(1歳~) 全年齢適応

【複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド
まぐろ・かつお・白身魚・チキン入り】
:成猫(1歳~) 全年齢適応

原産国 日本

※最安値と成猫の1日の平均食事量(60g)から算出

 

はるまの辛口評価結果!!

当サイトでは、ねこ元気Cランクと判断しました。

4つの評価項目の中で、

  • 穀物が主材料として使われており、アレルギーを発症してしまう恐れがあること
  • 栄養素に含まれるとうもろこしが原因で下痢腸閉塞にってしまう恐れがあること
  • 避けるべき添加物である着色料が使用されており、発がん性のリスクがあること

これらのことから、当サイトではおすすめきないキャットフードとしました。

 

▼飛びつくおいしさで健康優良猫に!愛猫の健康管理の悩みから解放してくれる、理想のキャットフードを求めているあなたはこちら↓

 

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

 

ねこ元気の基本情報

 

▼ねこ元気の基本情報

  基本情報
販売会社 ユニ・チャーム株式会社
原産国 日本
商品のタイプ ドライフード (※ウエットフードの設定あり)
内容量 1kg、2kg、3.5kg
価格(税込み)

【1kg】1,053円
【2kg】1,246円
【3.5kg】1,560円


【健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)お魚とお肉ミックス】
:1.6kg ECサイトに掲載なし

【肝臓の健康維持用13歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
:1.6kg 1,246円

【肝臓の健康維持用15歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
:1.6kg 1,246円

【肝臓の健康維持用20歳を過ぎてもすこやまに まぐろ・かつお・白身魚入り】
:1.6kg 1,246円

【肥満が気になる猫用 まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
:2kg 1,246円

【下部尿路の健康維持1歳~10歳頃まで まぐろ・かつお・白身魚入り】
:1.6kg 1,246円/2.8kg 1,544円

【下部尿路の健康維持10歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
:1.6kg 1,246円

【毛玉ケア まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
:900g 706円/1.8kg 1,246円

【毛玉ケア 肥満が気になる猫用 まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
:1.8kg 1,246円

【避妊・去勢した猫の体重ケア まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
:1.6kg 1,246円

【複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド まぐろ・かつお・白身魚・チキン入り】
:3kg 1,512円/5kg 1,955円

適応年齢

全年齢対応

【健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)お魚とお肉ミックス】
 :子猫(離乳から12ヶ月)

【肝臓の健康維持用13歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
:13歳頃

【肝臓の健康維持用15歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
:15歳頃

【肝臓の健康維持用20歳を過ぎてもすこやまに まぐろ・かつお・白身魚入り】
:20歳頃

【肥満が気になる猫用 まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
:成猫(1歳~)

【下部尿路の健康維持1歳~10歳頃まで まぐろ・かつお・白身魚入り】
:成猫(1歳~)

【下部尿路の健康維持10歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
:10歳頃

【毛玉ケア まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
:成猫(1歳~)

【毛玉ケア 肥満が気になる猫用 まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
:(1歳~)

【避妊・去勢した猫の体重ケア まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
:成猫(1歳~) 全年齢適応

【複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド まぐろ・かつお・白身魚・チキン入り】
:成猫(1歳~) 全年齢適応

粒の大きさ 直径約:6~10mm 厚さ:約2mm (丸、四角、魚型)
※子猫用はさらに小さめ

 

ねこ元気の種類

ねこ元気は、他のキャットフードにはない、豊富なラインナップが特徴のキャットフードです。

 

主なラインナップ一覧

ドライフード

  • 子猫用:健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)
    ⇒子ねこの栄養バランスを考え、高タンパク・高カルシウム設計。ビタミンE強化で健康維持・免疫力を維持
  • 腎臓の健康維持用 シリーズ(13歳頃・15歳頃・20歳を過ぎてもすこやかに)
    ⇒腎臓の健康維持に配慮し、年代別にリン、ナトリウム量を調整した栄養設計
  • 肥満が気になる猫用
    ⇒肥満が気になる猫の健康に配慮したカロリー控えめ設計。(標準より脂質90%、カロリー25kcal/100g減)
  • 下部尿路の健康維持用 シリーズ(1歳~10歳頃まで・10歳頃から)
    ⇒ストルバイト尿石が形成されにくいように、尿phを弱酸性に調整した栄養設計。

  • 毛玉ケア シリーズ(標準・肥満が気になる猫用)
    ⇒毛づくろいなどで飲み込んでしまった毛の排泄を助けるために、食物繊維を配合。肥満が気になる猫用は、標準より脂質75%カロリー25kcal/100g減。
  • 避妊・去勢した猫の体重ケア
    ⇒避妊・去勢後の筋肉の健康維持に配慮し、高タンパク設計。体重ケアとして脂質を約5%カット。
  • 複数ねこ用
    ⇒ビタミンE・B1・B2配合を強化し、高齢猫にも嚙みくだきやすいうすい粒を設定。

 

ウエットフード(パウチ)

  • 総合栄養食 パウチ 成猫

  • 総合栄養食 パウチ 15歳以上用

 

はるま
猫ちゃんの年齢だけじゃなく、飼い主が気にする疾患やケアに特化したラインナップが特徴だね

 

ねこ元気を4つの項目で徹底評価してみた!

 

当サイトが設定した、4つの項目計26の基準で、ねこ元気の実力値を評価した結果、2つの項目で不合格となり、積極的におすすめできないキャットフードとなりました

 

評価の結果
  1. 栄養バランス ⇒ △:不合格 (動物性たんぱく質中心ではなく、穀物が多く使われている)
  2. 安全性 ⇒ △:不合格 (添加物の使用がある)
  3. 人気と実績 ⇒ 〇:合格! (高い人気と実績である)
  4. コスパ  ⇒ 〇:合格! (100g当たり62.3円! 全年齢対応でおトク)

 

はるま
この4つの項目は、キャットフードをおすすめするときに、最低限クリアしてほしい項目なんだけど、そのうち2つも不合格
栄養バランスももちろん大切だけど、安全性が不合格なのはおすすめできない大きな理由だよ。

 

>>栄養バランスも安全性も合格したパーフェクトなキャットフードを見る

 

▼今回評価した商品はこちら

 

それぞれの項目を詳しく解説します。

 

①栄養バランス⇒△:たんぱく源が、動物性中心ではない

ねこ元気の栄養バランスを分析してみると、下記のようなことがわかります。

 

  • 主なたんぱく源が穀物中心
    アレルギーの発症食いつきが悪くなる不安
    がある
  • オメガ3・6脂肪酸の表記がない
    アレルギー対策や、健康な皮膚形成維持
    したい猫への参考値がわからない
  • 原料の肉類が、どこで飼育されたものでどのような種類であるか記載がない
    安全かどうか判断できない

よって、栄養バランスは△(不合格)
あなたの愛猫にあげるには、不安が残ります

 

▼栄養バランスのチェック結果①

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  目標 ねこ元気
(お魚ミックス まぐろ・かつお・白身魚入り)
たんぱく源 動物性
たんぱく質中心

(動物性中心ではない)

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、
小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、
ポークミール、ビーフミール、チキンエキス)、
豆類(脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、
フィッシュエキス、白身魚ミール、
まぐろエキス、かつおエキス)
動物性たんぱく質
の割合(%)

(記載なし)
粗たんぱく質
の割合(%)
子猫:30%以上
成猫:26%以上

30%以上

ピンク色のコード:#faebeb

 

▼栄養バランスのチェック結果②

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  役割 目安 ねこ元気
脂質 ビタミンの吸収や貯蔵
神経を正常に働かせる
子猫、成猫共に
9.0%以上

9%以上
粗繊維 消化を助ける、便通の改善
免疫力アップの効果

3.0%以下
水分 生命の維持に最も重要な栄養素
香りや、保存のしやすさが変える

10.0%以下
オメガ6脂肪酸
(リノール酸)
健康な皮膚、被毛を作り上げる
成長を促進させる

(記載なし) 
オメガ3脂肪酸
(αリノレン酸)
脳細胞を活性化させる
血中中性脂肪を下げる
アレルギー症状を予防する

(記載なし)
マグネシウム 筋肉の維持
神経興奮の抑制
子猫:0.08%以上
成猫:0.04%以上

0.1%
カルシウム リンと同様に骨や歯の主要成分
各臓器や筋肉の伸縮性を維持させる
神経伝達のスムーズ化を図る
子猫:1.0%以上
成猫:0.6%以上

1.3%
代謝エネルギー 元気に発育させる
運動機能及び
繁殖能力の向上
約350kcal/100g

※AAFCO(米国飼料検査官協会)を採用

 

はるま
本来、肉食の猫は穀物を消化吸収することが得意ではないんだ。だから、動物性のたんぱく質を多く含んだフードが猫の体にはあっているんだよ。
まりこ(奥さん)
動物性たんぱく質中心で作られているのは、どのフードなんだろう?

 

栄養バランスの取れたパーフェクトなキャットフードを探すならこちら

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

 

②安全性⇒△:控えたほうが良い原材料の使用や着色料の使用あり

ねこ元気の安全性を分析してみると、下記のようなことがわかります。

 

  • 4D該当食材がある(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス他)
    ⇒ どのような肉が加工されているか明記されていないため、何が起るのか予測できない
  • 穀物やとうもろこし、大豆が含まれる
    ⇒ 過剰摂取によってアレルギー下痢を発症するリスク
  • タール色素が含まれる(赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)
    発がん性のリスク増加

よって、安全性は△(不合格)
栄養バランス同様に、あなたのの愛猫にあげるには、不安が残ります

 

①原材料の種類(摂取を極力控えた方が良い表記を赤字にしてあります)

原材料一覧
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス)、豆類(脱脂大豆)、動物性油脂、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、白身魚ミール、まぐろエキス、かつおエキス)、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色40号赤色102号赤色106号黄色4号黄色5号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

②避けるべき添加物チェックの結果(目標:含まれていないこと)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  使用目的 予測されるリスク ねこ元気
ブチルヒドロ
キシアニソール

(BHA)
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし
ジブチルヒドロ
キシトルエン

(BHT)
酸化防止剤
変異原性の発症
(DNAや染色体に損傷を与え、
突然変異を 起こすことが原因)

該当なし
エトキシキン
酸化防止剤
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし
没食子酸
プロピル
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 犬の成長を阻害する
  • アレルギー性皮膚炎発症

該当なし
亜硝酸
ナトリウム
  • 発色剤
  • ボツリヌス菌
    増殖抑制
  • 風味の改善

大量に摂取すると

  • メトヘモグロビン血症になる
  • 最悪の場合死に至る


該当なし

タール色素
(青色〇号、
赤色〇号など)
着色料 発がん性リスクの増加
(現在は食品添加物から除外)

該当あり
プロピレン
グリコール(PG)
保湿剤や
乳化剤

大量に摂取すると

  • 赤血球を破壊
  • 体内の水分を奪う
  • 内臓機能の低下

該当なし
ソルビン酸
カリウム
 防腐剤 発がん性リスクの増加
該当なし
グリシリジリ・
アンモニエート
甘味料 
  • 人向けの食品では使用禁止
  • 柴犬も摂取を避けるべき添加物
    (何が起こるかわからない)

該当なし

 

③避けるべき原材料チェックの結果(目標:含まれていないこと)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  使用目的 予測されるリスク ねこ元気
○○粉、
○○肉副産物、
▽▽ミール、
□□粉、
◇◇パウダー
動物性油脂
(4D該当材料)
安価にする
  • どのような肉が加工されている
     かわからない
  • 何が起こるかわからないため
     避けるべき
    懸念される症状)
    アレルギー、免疫力の低下、
    内臓病発症、
    体臭や口臭の悪化、
    涙やけの発症等のリスクあり

該当あり
ビートパルプ
  • かさ増し
  • 甘味の向上

摂取しすぎると

  • うんちが固くなり便秘に
  • 糖分を多量に摂取するため肥満に

該当なし
穀物(グレイン)
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し
アレルギー症状を引き起こす
該当あり
とうもろこし
コーングルテン
コーングルテン
フィード
コーングルテン
ミール
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し

トウモロコシ自体はミネラルが豊富で、
糖分も高く栄養価は高いものの

  • 芯がミックスされているもの
    ⇒腸閉塞(ちょうへいそく)発症のリスク
  • 食物繊維が豊富
    ⇒過剰摂取で下痢を引き起こすリスク

そのため、極力避けたい原材料


該当あり

大豆

たんぱく質
摂取

がん予防効果のイソフラボンも含まれるが、

  • 過剰に摂取する
    ⇒下痢の発症、腎臓、副腎の機能低下
  • 腎臓病、心臓病、貧血の治療中の猫は注意

そのため、極力避けたい原材料


該当あり

 

4D 」とは?

次の4つの頭文字を並べて 4D と呼ばれる
Dead(死んだ)
Dying(死にかけている)
Disabled(障害を持つ)
Disersed(病気にかかっている)

パッケージなどへの表記について決まりがなく、メーカーごとに次のような記載がされる
○○ミール
△△粉
□□肉副産物  など

4Dの原材料はキャットフードやドッグフードにも使われているため、猫と犬を飼っている人は注意が必要です。

>>4Dについて詳しくわかる記事はこちら

 

わかったことは、

  • 4D食材、どんなお肉が使われているかわからない、何がおこるかわからない
  • 穀物とうもろこし大豆が主原料に含まれ、アレルギー下痢をおこす恐れがある
  • 添加物であるタール色素が使われていてがんになるの恐れがある

 

はるま
僕なら「リスクがある」キャットフードを、あえて食べさせることはしないかな
まりこ(奥さん)
うちの子には安全で安心なフードをあげたいな。

 

▼おうちの猫ちゃんあげる安心・安全なキャットフードを探すならこちら

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

 

③人気と実績⇒〇:SNS&ECサイトで高評価! & 実績多数!

SNSでの口コミの投稿数も1,000件以上で認知度が高く、ECサイトでの評価も高いことがわかりました。

 

▼大手通販サイトの評価とInstagramの投稿数

  基準 ねこ元気
instagramの投稿数
(#キャットフード名)
1,000件以上
1,596件
Amazon評価 3.5以上
4.8
楽天市場評価 3.5以上
4.57
yahooショッピング評価 3.5以上
4.88

 

まりこ(奥さん)
ECサイトですごく高評価だね!
はるま
ただ、口コミや評判のリアルな声では「合わなかった」という声も多いんだ。ホントにこの数字、信用していいのかな…とは思っちゃうよね…
まりこ(奥さん)
うん…たしかに。

 

④コスパ⇒〇:1日当たり38円で全年齢対応!おトクなキャットフード

ねこ元気は、100g当たり63円で購入できます。
(※ECサイト【2kg】1,246円から試算)

いろいろなキャットフードの中でも特に安価でコスパに優れています。

 

▼1日あたりの価格の評価結果

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  1日あたりの価格
(目標:200円以下)
添加物
の有無
グレインフリー
or
グルテンフリー
ねこ元気
(お魚ミックス まぐろ・かつお・白身魚入り)

38円

無添加 ではない

グレインフリーではない
\おすすめ!/
モグニャン

150.6円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
カナガン(サーモン)

150.6円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
カナガン(チキン)

150.6円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
ジャガー

150.6円

無添加 

グレインフリー
犬猫生活
184円

無添加 

グレインフリー
アカナ
130円

無添加 

グレインフリー
アランズナチュラル
163円

無添加 

グレインフリー
カナガンデンタル
174円

無添加 

グレインフリー
グランツ
192円

無添加 

グレインフリー
ねこひかり
222円

無添加 

グルテンフリー

※最安値と成猫の1日の平均食事量(60g)から算出

 

まりこ(奥さん)
お手頃価格だし、全年齢猫向けってこともあって、粒の大きさもちょうどいいみたいだね!
はるま
ただ注意しなきゃならないのは、値段だけにつられて飛びつくのだけは絶対に避けるべきだよ! 愛猫の健康を考えたら、もっと他の選択肢もあることを知っておくべき!

 

以上、ねこ元気(お魚ミックス まぐろ・かつお・白身魚入り) の評価の結果でした。

100g当たり200円以下(63円)で購入できる手軽さと、SNSからもわかる多数の使用実績や、ECサイトでの高評価から、数多くの飼い主に使用されていることがわかりました。

ですが、着色料を使用していることや、原材料に4D材料が含まれること、コストダウンのために穀物中心の構成であることから、積極的にお勧めできる商品ではありません

 

▼栄養バランス、安全性、人気と実績、コスパの4項目が満点のスーパーフードはこちら

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

 

ねこ元気の1日の供給量はどのくらいが目安か解説

  • 子猫用 (離乳から生後12か月目まで)
  • 全年齢対応

2種の年齢別ラインナップがあります。

ここでは、各ラインナップごとの供給量と注意すべきポイントをまとめました。

 

ねこ元気 健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)

きちんと体重を測定し、体重とそれに合った月齢に照らし合わせて供給量を決めましょう。供給量をコントロールしないと、肥満や、栄養失調による病気の原因となるため注意が必要です。

 

▼子猫時の月齢別一日に与える供給量(目安)

月齢 体重の目安 1日の給与量
1ヶ月 0.3~0.9kg 20~60g
2ヶ月 0.7~1.5kg 45~95g
3ヶ月 1.1~2.2kg 60~125g
4ヶ月 1.6~2.6kg 85~140g
5ヶ月 2.0~3.0kg 95~140g
6~7ヶ月 2.3~3.6kg 90~140g
8~9ヶ月 2.5=4.0kg 85~130g
10~12か月 3.0~4.5kg 75~115g

 

▼子猫の平均体重から算出した供給量(オレンジのボックス内の数値)
 ※健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)お魚とお肉ミックス(約370kcal/100g)で計算

 

はるま
ちなみに月齢別の推奨される食事の回数は以下の表のとおりだよ

 

▼子猫時の月齢別供給回数

月齢 一日に与える回数(目安)
2~3か月 3回
4~5か月 3回
6~7ヶ月 2~3回
8~10か月 2~3回
11~12か月 2~3回

 

体重と食べる回数を調整して、1回当たりの量を調整しましょう。

 

ねこ元気(全年齢対応)

▼成猫の体重別摂取量

体重(㎏) 1日の給与量
2~3kg 45~65g
3~4kg 65~80g
4~5kg 80~95g
5~6kg 95~110g
6~7kg 110~120g

 

▼成猫の平均体重から算出した供給量(オレンジボックス内の数値)
 ※ねこ元気(約350kcal/100g)で計算

 

体調やキャットフードへの食いつき、うんちの状態を確認しながら、キャットフードの量を調整しましょう。

 

はるま
ちなみに、

うんちがかたい場合 ⇒ キャットフードの量を増やす

うんちがやわらかい場合 ⇒ キャットフードの量を減らす

で微調整しよう!

 

シニア期になると、子猫や成猫の時と比べて消化機能が落ち、一度にたくさん食べられないため、1日3~4回回数を多めにしてキャットフードを与えましょう

 

ねこ元気への切り替え方法

他のキャットフードからねこ元気に切り替える場合は、いきなり全部をかえるのではなく、

元々食べていたキャットフード:ねこ元気= 9:1 

の割合で徐々に慣れさせて、1~2週間程度で変えるとよいでしょう。

 

 

ねこ元気の最安値はAmazon!

 

ねこ元気公式サイトでは取扱店舗を公開しているのみで、直接購入はありません。

ねこ元気をどこで購入するのが一番安くなるのか比較した結果、Amazonが最安値となりました。

 

▼ネットショッピング 価格比較結果(税込み)

  \最安値!!/
Amazon
Yahoo
ショッピング
楽天市場
単品価格
927円 928円 958円
送料 無料 660円 418円
合計金額 927円 1,588円 1,376円

※2kg、1パック調べ

 

はるま
商品自体の価格はどこも同じくらいだけど、送料で差がでたね

 

▼今回評価した商品はこちら

 

ねこ元気の口コミ、評判を徹底検証!

 

ここでは、ねこ元気の口コミや評価をSNSやECサイトの結果から解説します。

ねこ元気の、良い口コミや評価

まずは、ねこ元気の良い口コミから紹介します。

 

▼高齢猫も食べてくれました

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ando_Noboru(@ando_noboru)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼ECサイトでも好評です

安くて、大変助かっています。どの餌より喜んで食べます。
(引用:Amazonカスタマーレビュー)

 

今までおかわりしなかったが、これに変えてからはおねだりされます。
(引用:Amazonカスタマーレビュー)

 

小粒で食べやすそうです。美味しそうに食べてます。
(引用:Amazonカスタマーレビュー)

 

まりこ(奥さん)
おいしそうに食べてるってレビューもたくさんあっていい感じかな
はるま
どんなフードでも言えることだけど、最終的には「猫ちゃんに合っているか」が大事だよね

 

悪い口コミ

ここでは、あまりよくない口コミです。

 

▼体に合わなくて吐いたり下痢になってしまったようです

私の猫は、生後8ヶ月のオスです。 最初は、カルカンの子猫用を
あげていたのですが、 あまり食べなかったので、ねこ元気の子猫用に変えてみました。
そしたら、吐き始めたんです…。(中略) フードが悪いのかと思って、 ネットで評判が
良かったサイエンスダイエットを与えてみることにしました。 そしたら、吐かなくなったんです! 今日、サイエンスダイエットが無くなったので、余ってたねこ元気をあげてみたら、
また吐いてしまいました……
これはフードが悪いんですか? なんかの成分とかがですか?
アレルギーとかですか? 教えてくれると助かります(・_・;
(引用:yahoo知恵袋)
昨日から突然おう吐。購入時期同じ顧客の猫はどうですか、原因確かめ中。他の顧客のコメント待ち(引用:Amazonカスタマーレビュー)
猫達が食べません、下痢をおこします。最悪です同じメーカー製の物は買っても、コチラの同一製品はもう買いません(引用:Amazonカスタマーレビュー)

全体的に合う猫ちゃんもいるようですが、下痢嘔吐を発症している猫ちゃんもいることから、個体差があるように見受けられました。

 

まりこ(奥さん)
ネコちゃんにあげてみて合わなかったときのことを考えると、
ネコちゃんがかわいそうだから、できればあげたくないって思うかな…
はるま
毎日のご飯のあとにかゆがったり、目やにが出てきたり、便秘で苦しそうにしているのを見るのは辛いよね。

 

加えて飼い主のあなたも、愛猫のことを思って時間をかけて選んだキャットフードが原因で、愛猫が苦しんだり食べてくれず日に日に元気がなくなる、なんて苦しい思いしたくないですよね。

 

はるま
だからこそ安全性の高いキャットフードを、選んでほしい!

 

合わせて読みたい関連記事②

猫ちゃん向けのおすすめキャットフードはこちら

ペットフードアドバイザーの資格を持つ僕の視点で、4つの項目から分析し、本当に愛猫におすすめできるキャットフードをランキング形式でまとめました。

栄養バランス安全性人気と実績コスパ4つ全てがハイグレードなキャットフードです

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

 

【ねこ元気は食べてはいけない?】ねこ元気によくある質問を徹底解説!

 

ねこ元気によくある質問を、猫の管理栄養士&ペットフードアドバイザーの資格を持っている私が、200名以上の猫の飼い主様から得た知見と合わせお答えします。

 

ねこ元気のおすすめの保存方法とかあるのかな?

常温直射日光が当たらないような場所で保管しよう。

冷蔵庫や冷凍庫に保管しないように注意しましょう。

常温に戻した際の温度差による結露でキャットフードに水分が含まれカビが発生し、品質が劣化するため注意が必要です。

 

開封後の賞味期限ってどのくらいなの?

おおよそ1か月以内を目安に食べるようにしましょう。キャットフードの量を意識しながら、ラインナップを選ぶのがおすすめです。

 

はるま
ねこ元気は、小袋で分けられているから、使用する分だけ開封して使うことができるよ

 

 

いろいろな噂を聴くけど、本当に安全なフードなの?

日本国内で定められた法律により最低限の安全性は確保されています。

 

はるま
平成21年に「ペットフード安全法」が施工されてキャットフードの安全性が確保されるようになったんだ。ねこ元気は原材料や添加物をみるかぎり安全性が高いとはいえないけど、必ずしも害があるフードとは言えないね

 

ねこ元気がおすすめの飼い主、買うべきではない飼い主

 

ここまでの情報をまとめ、ねこ元気がおすすめな飼い主と、買うべきではない飼い主をお話します。

ねこ元気がおすすめな飼い主

おすすめな人

  • 有名で、かつ安価なキャットフードをたべさせてあげたい人
    SNSやECサイトでの評価が高い
  • 防腐剤などの添加物や、避けた方が良いとしている成分にこだわりのない人
    添加物等含まれているが、ペットフード安全法に対応できている
  • ECサイトや大型の一般のお店で購入できるキャットフードを探している人

 

ねこ元気を買うべきではない飼い主

買うべきではない人

  • キャットフードに安全性を求めている人
    添加物や穀物などの控えたほうが良い原材料が含まれる
  • 下痢、嘔吐、食べ残し、毛ツヤの悪化、皮膚炎、等の病気のリスクを避けたい人
    控えたほうが良い原材料や着色料などの添加物が含まれている
  • グレインフリーフードや無添加にこだわりがある人

これらの方には、おすすめできません。

 

キャットフード選びは、1日2回食べさせると1年で730回あげることから、猫の一生を左右するくらい大切です。
あなたの愛猫の健康を維持し、楽しい毎日を送るためのキャットフードは必ず見つかります

 

飛びつくおいしさで健康優良猫に!
愛猫の健康管理の悩みから解放してくれる、理想のキャットフードを求めているあなたはこちら

 

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

 

ねこ元気の基本情報

  基本情報
内容量

【お魚ミックス まぐろ・かつお・白身魚入り】
【お魚とお肉ミックスまぐろ・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
【お魚と野菜入りミックス まぐろ・かつお・白身魚・緑黄色野菜入り】
1g/2kg/3.5kg

【健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)お魚とお肉ミックス】
1.6kg

【肝臓の健康維持用13歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【肝臓の健康維持用15歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【肝臓の健康維持用20歳を過ぎてもすこやまに まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【肥満が気になる猫用 まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
2kg

【下部尿路の健康維持1歳~10歳頃まで まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg/2.8kg

【下部尿路の健康維持10歳頃から まぐろ・かつお・白身魚入り】
1.6kg

【毛玉ケア まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
900g/1.8kg

【毛玉ケア 肥満が気になる猫用 まぐろ・チキン・緑黄色野菜入り】
1.8kg

【避妊・去勢した猫の体重ケア まぐろ・かつお・白身魚・チキン・緑黄色野菜入り】
1.6kg

【複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド まぐろ・かつお・白身魚・チキン入り】
3kg/5kg

価格(税込み) 【1g】1,053円
【2kg】1,246円
【3.5kg】1,560円
販売会社 ユニ・チャーム株式会社
販売元 公式サイトはこちら

飼い主100人のリアルな声からわかったこと…それは、安いキャットフードをあげ続けると、愛猫が思わぬ健康トラブルに見舞われてしまう可能性があるという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のキャットフードの中には、不安の残る品質の原材料(またはお肉)が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛猫に、もしそうとは知らず食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のキャットフードは何か、47種のキャットフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

 

\キャットフード選びに悩む日々とお別れしよう!/

\初回は半額!食事の悩みを解消するフードはこちら!/
\初回は半額!食事の悩みを解消するフードはこちら!/