【2024年最新】子猫におすすめのキャットフード10選を人気30商品から厳選!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

飼い主100人のリアルな声からわかったこと…それは、安いキャットフードをあげ続けると、愛猫が思わぬ健康トラブルに見舞われてしまう可能性があるという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のキャットフードの中には、不安の残る品質の原材料(またはお肉)が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛猫に、もしそうとは知らず食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のキャットフードは何か、47種のキャットフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

 

\キャットフード選びに悩む日々とお別れしよう!/

  • 「子猫におすすめのキャットフードってなんだろう?」
  • 「子猫用のキャットフードって色んな種類があるけど、選び方がわからない…」
  • 「こんな可愛い子猫にいい加減なフードはあげたくない…」

子猫を家族として迎える人が増え、昨今幅広いラインナップが展開されるようになった子猫用キャットフード。

子猫期の栄養不足は成猫期の健康にも影響するため、子猫の成長を支えるためのキャットフード選びは非常に重要です。

子猫に合うキャットフードであれば、毎回モリモリと残さず食べ、消化不良もなく栄養をしっかりと摂取し、元気な毎日を過ごしながら健康な成猫に成長できます。

一方、子猫に合わないキャットフードを選んでしまうと、完食できないうえ、消化不良を起こして栄養を満足に摂れず、病気がちな成猫になってしまうかもしれません。

子猫の健やかな成長のために、フード選びは絶対に失敗したくない…しかし実際は、

 

子猫用だけでもこんなに種類があるの…?

何を基準に選べばいいのかよくわかんないよ…。

 

ネットで調べてみても情報が多過ぎて、どのフードが愛猫に合っているのかわからなくなってしまうのも無理はありません。

 

はるま
子猫期のキャットフードは、愛猫の一生を左右するよ!

子猫と飼い主であるあなたの明るい未来を守りたい…!!

 

そこで、ペットフードアドバイザーの資格をもつ僕が、

子猫におすすめのキャットフード

について調べ、実際に使用した飼い主さんの口コミや評価を分析し比較しました。

そのうえで、本当に子猫におすすめできるキャットフード10選をあなたに特別に紹介します。

本当に合うキャットフードを与えることで、愛猫とあなたの生活は今まで以上に豊かなものになります。
愛猫とあなたの幸せのために、1日でも早く本当に合うキャットフードを見つけてあげましょう。

 

目次

子猫向けキャットフードおすすめ厳選10選!

はじめに、とくにおすすめな商品10選をお伝えします。

 

← スマホの方は左右にスクロールできます →

商品名 子猫の
健康への
配慮
  • たんぱく質(%)/
    カロリー(100gあたり)
  • 消化しやすさ
  • フードのタイプ
    (ドライフードは
    粒の大きさと形を記載)
栄養
バランス
安全性 人気と実績 コスパ 内容量 1日当たりの
食費※1
価格 対応
年齢
レビュー

ジャガー

  • たんぱく質37%以上
    (乾燥重量値:約40.22%)
    /387.5kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料約80%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:平たいドーナツ型
4.9 5.0 3.0 4.5 1.5kg 161.2円
(277.3円)
4.030円 全年齢
カナガン
サーモン、チキン


【サーモン】

  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:約36.96%)
    /398kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料約78%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:円形

【チキン】

  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:約36.96%)
    /405kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料約66.8%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:円形
5.0 5.0 5.0 4.5 1.5kg 161.2円
(サーモン/270円
チキン/265.3円)
4,030円 全年齢 ▼サーモン
▼チキン
モグニャン

  • たんぱく質27%以上
    (乾燥重量値:約28.42%)
    /379kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料65%以上)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:円柱
5.0 5.0 5.0 4.5 1.5kg 161.2円
(283.6円)
4,030円 全年齢
グランツ
チキン&サーモン

  • たんぱく質36%以上
    (乾燥重量値:約40%)
    /361kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料71.8%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約6㎜
    ・粒の形:三角形
5.0 5.0 2.5 3.0 500g 192円
(354.6円)
4,800円
(500g×3袋)
全年齢
オリジンキトゥン

  • たんぱく質40%
    (乾燥重量値:約44.44%)
    /412kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料90%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:不揃い
4.9 5.0 3.0 4.5 340g/1.8kg/5.4kg 185.8円
(300.6円)
340g/1,584円
1.8kg/7,040円
5.4kg/16,720円
子猫
ニュートロ
ワイルドレシピ
キトン


  • たんぱく質38%以上
    (乾燥重量値:約42.22%)
    /385kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:楕円
4.5 2.8 3.5 4.0 400g/1kg/2kg 179.3円
(310.4円)
400g/1,466円
1kg/3,208円
2kg/5,976円
子猫
(生後12月齢まで)
ナウフレッシュ
グレインフリー
キトン


  • たんぱく質33%以上
    (乾燥重量値:約36.67%)
    /397.2kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約5~7㎜
    ・粒の形:丸粒
4.5 5.0 5.0 2.5 350g/1.36kg/3.63kg 209.1円
(350.9円)
350g/1,485円
1.36kg/5,280円
3.63kg/12,650円
子猫
ジウィピーク
エアドライ
ラム


  • たんぱく質38%以上
    (乾燥重量値:約44.19%)
    /495kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料96%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:1㎝弱
    ・粒の形:四角形
    (ジャーキーに似ている)
5.0 5.0 3.5 0.5 400g/1kg 600.6円
(808.9円)
400g/4,730円
1kg/10,010円
全年齢
犬猫生活

【国産の生鶏肉】

  • たんぱく質31%以上
    (乾燥重量値:約34.44%)
    /373kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:不揃い
    (大きいもので約1㎝)

    ・粒の形:細長い円柱

【金沢港の朝獲れ魚】

  • たんぱく質30%以上
    (乾燥重量値:約33.33%)
    /360kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:不揃い
    (大きいもので約1㎝)

    ・粒の形:細長い円柱
5.0 5.0 3.0 4.0 750g 184円
(鶏肉/375.9円
魚/389.5円)
5,258円
(750g×2袋)
全年齢
アカナ
ファースト
フィースト


  • たんぱく質37%以上
    (乾燥重量値:約41.11%)
    /351kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料70%)

    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:三角形
5.0 5.0 3.0 5.0 340g/1.8kg 151.2円
(287.2円)
340g/1,056円
1.8kg/4,537円
子猫

※1 公式サイト・大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出(ウェットフードは1袋あたりの価格を記載)。カッコ内は公式サイト・大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

主食は総合栄養食のドライフードがおすすめ

子猫の主食としてキャットフードを選ぶのであれば、総合栄養食のドライフードをおすすめします。なぜなら、子猫に必要な栄養を効率よく摂取でき、コストも抑えられるためです。

まず、キャットフードは大きく分けて

  • ドライフード
  • ウェットフード

の2つのタイプがあり、子猫に主食として与える場合、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

▼ドライフードとウェットフードのメリット・デメリット

  メリット デメリット
ドライフード
  • ウェットフードに比べ価格が安い
  • ウェットフードに比べカロリーが高い
  • ウェットフードに比べ
    開封後の賞味期限が長い
  • 固くて食べづらい場合は
    ふやかす必要がある
ウェットフード
  • 嗜好性が高い
  • 水分含有量が多いため
    フードで水分補給ができる
  • やわらかいため子猫が食べやすい
  • ドライフードに比べ価格が高い
  • ドライフードに比べ水分含有量が
    多い分カロリーが低く、
    たくさん食べる必要がある

 

まりこ(奥さん)
ウェットフードの方が食べやすそうだけど、いっぱい食べないといけないんだね。
はるま
ドライフードのカロリーが100gあたり大体400kcal前後であるのに対し、ほとんどのウェットフードは100gあたり100kcal以下なんだよね。

子猫の1日エネルギー要求量が400kcalだとしたら、ドライフードは100gくらい食べればいいんだけど、ウェットフードは400g以上も食べないといけないんだよ。

まりこ(奥さん)
それは大変だね!

飼い主さんのお財布も寂しくなっちゃいそう!

はるま
子猫ちゃんが食いしん坊でいっぱい食べてくれて、飼い主さんのお財布事情も問題ないならウェットフードを主食にするのもいいと思うけど、僕はドライフードをおすすめするよ!

 

子猫期にはいろんなものを食べさせよう!

猫の味覚は子猫期に食べたものによって形成されるといわれています。

そのため、成猫に成長したときに偏食とならないよう、子猫期には

  • いろんな食材
  • いろんな食感

のフードを食べさせてあげましょう。

はるま
主食はドライフードでもトッピングにウェットフードを活用したり、ドライフードとウェットフードを交互に与えたりするのもおすすめ!

ドライフードとウェットフードを組み合わせて与えることをミックスフィーディングというよ!

 

また、キャットフードは目的別に次の4種類に分けられます。

 

キャットフードの目的別4種類
  • 総合栄養食
    主食として与えられるフード。水とフードだけで必要な栄養を摂取できる。
  • 療法食
    ⇒特定の病気や健康状態に対し食餌療法を行うことを目的としているフード。獣医師の指導の下与える。
  • 間食
    おやつ。猫とのコミュニケーションや躾、ご褒美として与えることを目的としているフード。
  • その他の目的食
    ⇒上記3つ以外のフード。「一般食」「副食」といったおかずのようなものや、サプリメントなどがある

 

子猫が健康に育つためには、成長や健康維持に必要な栄養をしっかりと摂取しなければなりません。そのため、主食には必ず子猫用、もしくは全年齢対応の総合栄養食を選びましょう。

 

まりこ(奥さん)
なるほどー!

子猫や飼い主さんのことを考えると、ドライフードの総合栄養食が主食には合っているんだね!

はるま
今回のランキングで紹介するフードはすべて総合栄養食だから、飼い主さんと愛猫の好みで選んでみてね!

 

子猫におすすめのキャットフードを選ぶ際の5つのポイント

ここからは、子猫におすすめのキャットフードを選ぶ際の評価基準を紹介します。

 

ランキングの大前提
子猫の健康を維持し、未発達な身体でも消化しやすく食べやすいキャットフードを最優先に評価

 

子猫におすすめのキャットフードについて検索すると、たくさんのサイトがヒットするため、結局どのフードがいいのか迷ってしまいますよね。

くわえて、

  • 他サイトのコピペ
  • 個人の感想のみで評価
  • 納得できる根拠がない

といったサイトだと、「ほんとうにおすすめなの?」と疑問に思ってしまうのではないでしょうか

 

はるま
だからこそ当サイトでは、

  • 実際にキャットフードを使用したことのある飼い主さんへの独自アンケートの結果
  • SNS・ECサイトのレビュー
  • ペットフードアドバイザーの視点

といった、第三者の意見と専門知識を合わせて公平に評価したよ!

 

1.子猫の健康への配慮

1つ目の基準は「子猫の健康への配慮」です。
具体的には、次のような点を評価します。

 

  • 高たんぱく・高カロリーであるか
  • 消化しやすいか
  • 子猫でも食べやすい大きさ・形状であるか

 

成長期である子猫には、筋肉や骨格、細胞の器官を形成するたんぱく質が欠かせません。ペットフードの栄養基準を定めるAAFCO(米国飼料検査官協会)では、子猫に必要なたんぱく質量を30%以上(乾燥重量)と定めています。

 

乾燥重量の計算方法

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準値は水分を含まない乾燥重量ですが、商品に記載されている成分値は水分を含んだ状態の数値です。そのため、比較する際は以下の計算方法で乾燥重量に直しましょう。

栄養素保証成分値÷(100-水分)×100=乾燥重量

 

はるま
たとえば、たんぱく質の乾燥重量を計算する場合、

  • たんぱく質が30%
  • 水分が10% だったら

30÷(100-10)×100=33.333…

になるから、乾燥重量は約33.3%ってことだね!

 

また、月齢にもよりますが子猫は成猫に比べおよそ2倍以上のエネルギーが必要なうえ、一度に食べられる量も少ないことから、少量で充分なカロリーを摂取できる高カロリーなフードが望ましいでしょう。

 

猫のエネルギー要求量(1日あたり)の求め方

  1. RER(安静時エネルギー要求量)を求める
     体重2kg未満⇒RER(kcal)=70×√(√体重×体重×体重)
     体重2kg以上⇒RER(kcal)=30×体重+70

  2. DER(1日エネルギー要求量)を求める
     DER(kcal)=RER(安静時エネルギー要求量)×活動係数

 

▼猫の活動係数

  活動係数
子猫(4ヶ月未満) 3.5
子猫(4~7ヶ月未満) 2.5
子猫(7~12ヶ月) 2.0
避妊・去勢されていない成猫 1.4
避妊・去勢された成猫 1.2
シニア猫 1.1
肥満傾向の猫 1.0
減量が必要な成猫 0.8

 

はるま
上記の計算方法で計算すると…

  • 体重3㎏の子猫(4~7ヶ月未満)のエネルギー要求量⇒400kcal
  • 体重3㎏の成猫(避妊・去勢済み)のエネルギー要求量⇒192kcal

になるよ!
同じ体重でも、1日に必要なエネルギーは圧倒的に子猫の方が多いことがわかるね。

 

くわえて、子猫は消化器官が未発達なため、消化吸収がしやすいフードであるかも重要です。完全肉食動物である猫は穀物の消化が得意ではありません。そのため、

 

  • 猫が消化しやすい肉や魚といった動物性たんぱく質を多く含む
    ⇒動物性原材料の割合が明らかだと尚良い
  • 穀物を使用していない(グレインフリー)

 

上記のようなフードが良いでしょう。

さらに、子猫は口が小さく咀嚼力(そしゃくりょく)も弱いため、食べやすさも重要なポイントです。ウェットフードはやわらかいため子猫でも食べやすいですが、ドライフードの場合は粒の大きさや形状に注意しましょう。

 

はるま
消化器官が未発達な子猫でも、充分な栄養が摂れて食べやすいフードを選んであげよう!

 

2.栄養バランス

2つ目の基準は「栄養バランス」です。
具体的には、次のような点を評価します。

 

  • たんぱく質は動物性たんぱく質中心か
  • たんぱく質量は猫の健康維持に必要な量を満たしているか
  • たんぱく質以外の栄養素はバランスよく含まれているか

 

完全肉食動物である猫には消化・吸収が良く必須アミノ酸が豊富な動物性たんぱく質が欠かせません。

また、猫の健康維持にはビタミンやミネラルといったたんぱく質以外の栄養素もバランスよく含んでいることが重要です。

 

ビタミンとミネラルの働き

  • ビタミンの働き
    ⇒・たんぱく質や脂肪をエネルギーに変える
     ・免疫機能の調節
     ・視力の維持 など
  • ミネラルの働き
    ⇒・歯や骨を構成する
     ・体液の浸透圧のバランスを維持
     ・筋肉や神経の機能調節 など

 

はるま
猫の健康維持には動物性たんぱく質が重要!

でも、重要なのはたんぱく質だけじゃない!

 

3.安全性

3つ目の基準は「安全性」です。
具体的には、次のような点を評価します。

 

  • 危険な人工添加物やアレルギー源となりやすい原材料を使用していないか
  • 人間が食べられるくらい高品質であるか(ヒューマングレード)
  • 原材料の情報は公開されているか

 

キャットフードに使用される人工添加物の中には、摂取し続けることで発がんリスクを高めるものや、内臓機能の低下を招くものがあります。

さらに、小麦やトウモロコシといった穀物は猫が消化しづらいほか、アレルギーを発症しやすいため避けた方が良いでしょう。

また、安全なキャットフードを選ぶためには商品の公式サイトやパッケージで

  • 原材料の産地
  • 原材料の品質
  • 製造工場の管理体制

などが確認できるかも重要なポイントです。

 

はるま
子猫の体はまだまだ成長途中だから、安全性もとっても大事!

 

4.実績と人気

4つ目の基準は「実績と人気」です。
具体的には、次のような点を評価します。

 

  • 独自アンケートやSNSの口コミや評判は良いか
  • instagramの投稿数は多いか(#キャットフード名で1,000件以上の投稿)
  • ECサイト(Amazon楽天市場yahoo!ショッピング)での評価が3.5以上あるか

 

成長期である子猫は体が未熟なため、栄養バランスと安全性は最も重視すべきです。しかし、原材料や栄養成分が安心でも、口コミや評判が悪いと「ほんとうに大丈夫なの?」と思ってしまいますよね。

そのため、当サイトが独自に行ったアンケートやSNS・ECサイトの口コミも評価に取り入れています。

 

はるま
栄養バランス&安全性が完ぺきで、なおかつ実績と人気があれば安心だね!

 

5.コスパ

5つ目の基準は「コスパ」です。
具体的には、次のような点を評価します。

 

  • 価格目標:1日あたり200円以下
  • 価格に対するキャットフードのスペックの優秀度

※成猫の1日平均食事量60gから算出

 

栄養バランスや安全性に優れているキャットフードは、生産コストがかかるため価格が高くなりがちです。

しかし、食費はちりも積もれば山となるため、できるだけ抑えたいですよね。

そのため、当サイトでは価格目標を1日あたり200円以下と定め、品質に見合った価格であるかも評価します。

 

はるま
愛猫にもあなたのお財布にも優しいフードだと嬉しいよね!

 

子猫向けキャットフードおすすめ30商品を徹底比較!

ここでは、子猫におすすめのキャットフード30商品を、「子猫の健康への配慮」「栄養バランス」「安全性」「実績と人気」「コスパ」の5つの項目で徹底的に比較した結果を紹介します。

 

はるま
あなたと愛猫に合ったキャットフードを探してみよう!

 

  • 子猫の健康への配慮」
    ◎〇△×で評価
  • 「栄養バランス」「安全性」「実績と人気」「コスパ」
    5.0(高)~0.0(低)で評価

← スマホの方は左右にスクロールできます →

商品名 子猫の
健康への
配慮
  • たんぱく質(%)/
    カロリー(100gあたり)
  • 消化しやすさ
  • フードのタイプ
    (ドライフードは
    粒の大きさと形を記載)
栄養
バランス
安全性 人気と実績 コスパ 内容量 1日当たりの
食費※1
価格 対応
年齢
レビュー

ジャガー

  • たんぱく質37%以上
    (乾燥重量値:約40.22%)
    /387.5kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料約80%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:平たいドーナツ型
4.9 5.0 3.0 4.5 1.5kg 161.2円
(277.3円)
4.030円 全年齢
カナガン
サーモン、チキン


【サーモン】

  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:約36.96%)
    /398kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料約78%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:円形

【チキン】

  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:約36.96%)
    /405kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料約66.8%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:円形
5.0 5.0 5.0 4.5 1.5kg 161.2円
(サーモン/270円
チキン/265.3円)
4,030円 全年齢 ▼サーモン
▼チキン
モグニャン

  • たんぱく質27%以上
    (乾燥重量値:約28.42%)
    /379kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料65%以上)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:円柱
5.0 5.0 5.0 4.5 1.5kg 161.2円
(283.6円)
4,030円 全年齢
グランツ
チキン&サーモン

  • たんぱく質36%以上
    (乾燥重量値:約40%)
    /361kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料71.8%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約6㎜
    ・粒の形:三角形
5.0 5.0 2.5 3.0 500g 192円
(354.6円)
4,800円
(500g×3袋)
全年齢
オリジンキトゥン

  • たんぱく質40%
    (乾燥重量値:約44.44%)
    /412kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料90%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:不揃い
4.9 5.0 3.0 4.5 340g/1.8kg/5.4kg 185.8円
(300.6円)
340g/1,584円
1.8kg/7,040円
5.4kg/16,720円
子猫
ニュートロ
ワイルドレシピ
キトン


  • たんぱく質38%以上
    (乾燥重量値:約42.22%)
    /385kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:楕円
4.5 2.8 3.5 4.0 400g/1kg/2kg 179.3円
(310.4円)
400g/1,466円
1kg/3,208円
2kg/5,976円
子猫
(生後12月齢まで)
ナウフレッシュ
グレインフリー
キトン


  • たんぱく質33%以上
    (乾燥重量値:約36.67%)
    /397.2kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約5~7㎜
    ・粒の形:丸粒
4.5 5.0 5.0 2.5 350g/1.36kg/3.63kg 209.1円
(350.9円)
350g/1,485円
1.36kg/5,280円
3.63kg/12,650円
子猫
ジウィピーク
エアドライ
ラム


  • たんぱく質38%以上
    (乾燥重量値:約44.19%)
    /495kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料96%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:1㎝弱
    ・粒の形:四角形
    (ジャーキーに似ている)
5.0 5.0 3.5 0.5 400g/1kg 600.6円
(808.9円)
400g/4,730円
1kg/10,010円
全年齢
犬猫生活

【国産の生鶏肉】

  • たんぱく質31%以上
    (乾燥重量値:約34.44%)
    /373kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:不揃い
    (大きいもので約1㎝)

    ・粒の形:細長い円柱

【金沢港の朝獲れ魚】

  • たんぱく質30%以上
    (乾燥重量値:約33.33%)
    /360kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:不揃い
    (大きいもので約1㎝)

    ・粒の形:細長い円柱
5.0 5.0 3.0 4.0 750g 184円
(鶏肉/375.9円
魚/389.5円)
5,258円
(750g×2袋)
全年齢
アカナ
ファースト
フィースト


  • たんぱく質37%以上
    (乾燥重量値:約41.11%)
    /351kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料70%)

    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:三角形
5.0 5.0 3.0 5.0 340g/1.8kg 151.2円
(287.2円)
340g/1,056円
1.8kg/4,537円
子猫
アランズナチュラル

  • たんぱく質36%以上
    (乾燥重量値:約38.3%)
    /381kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料70%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:1㎝弱
    ・粒の形:円形
5.0 5.0 2.0 4.4 1.5kg 163円
(284.5円)
4,065円 全年齢
GO!カーニボア
チキン
キャット


  • たんぱく質46%以上
    (乾燥重量値:約51.11%)
    /429.8kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料84%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約5㎜~8㎜
    ・粒の形:円形(ばらつき有り)
4.5 5.0 2.5 4.5 500g/7.25kg 145.7円
(225.9円)
500g/1,650円
7.25kg/17,600円
全年齢
ハッピーキャット
ジュニア
ファームダック


  • たんぱく質36%
    (乾燥重量値:約39.56%)
    /397.5kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (粗たんぱく質中:約90%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:円形
4.0 5.0 5.0 4.5 50g/300g/1.3kg/4kg 152.5円
(255.7円)
50g/330円
300g/1,452円
1.3kg/4,719円
4kg/10,164円
子猫  
アーテミス
オソピュア


  • たんぱく質35%以上
    (乾燥重量値:約38.89%)
    /386.1kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:円形
5.0 3.0 3.0 4.5 900g/1.8kg/4.5kg 146円
(253.2円)
900g/3,300円
1.8kg/5,500円
4.5kg/11,000円
全年齢
ファインペッツ

  • たんぱく質32%
    (乾燥重量値:約34.78%)
    /427.2kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料85%)

    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:漢字の「人」のような形
5.0 5.0 3.0 4.0 1.5kg 163.2円
(255.4円)
4,091円 全年齢
カナガンデンタル

  • たんぱく質33%以上
    (乾燥重量値:約35.87%)
    /389kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料70%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:円形
5.0 5.0 2.3 4.5 1.5kg 187円
(320.9円)
4,681円 全年齢  
マックアダムズ

  • たんぱく質29.5%以上
    (乾燥重量値:約32.07%)
    /379kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    (動物性原材料64%)

    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:円形
4.8 5.0 2.5 3.0 1.5kg 282円
(496.5円)
7,057円
全年齢
セレクトバランス
キトン


  • たんぱく質35%以上
    (乾燥重量値:約38.89%)
    /375kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:円形
4.0 5.0 4.0 4.5 400g/1.6kg 150.6円
(267.7円)
400g/1,265円
1.6kg/4,015円
子猫  
ウェルネスコア子猫用

  • たんぱく質45%以上
    (乾燥重量値:約50%)
    /約379kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎜
    ・粒の形:円形
 5.0  5.0  2.5 4.0  400g/800g 181.5円
(319.3円)
400g/1,300円
800g/2,420円
子猫
ロータス
グレインフリー
フィッシュレシピ

  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:約37.79%)
    /345.7kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:花形
5.0 5.0 2.5 2.0 400g/1.2kg 240.9円
(464.6円)
400g/1,848円
1.2kg/4,818円
全年齢  
黒缶パウチ
子猫用
ゼリータイプ


  • たんぱく質7%以上
    (乾燥重量値:約50%)
    /70kcal(60gあたり42kcal)
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ウェットフード
4.5 5.0 5.0 3.0 60g 1袋あたり
103.8円
(988.1円)
4,980円
(60g×48袋)
子猫
ミャウミャウパウチ
子猫用まぐろ


  • たんぱく質8.7%以上
    (乾燥重量値:約56.13%)
    /約75.7kcal(70gあたり53kcal)
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    ・穀物不使用
  • ウェットフード
3.0 2.0 5.0 5.0 70g 1袋あたり
88.9円
(670.9円)
2,133円
(70g×24袋)
子猫  
アーテミス
フレッシュミックス


  • たんぱく質30%以上
    (乾燥重量値:約33.33%)
    /392.2kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:円形
5.0 3.0 3.0 4.5 500g/1kg/2kg/6kg 106円
(181.4円)
500g/1,540円
1kg/2,530円
2kg/4,840円
6kg/10,670円
全年齢
ピュリナワン子猫用

 △
  • たんぱく質39%以上
    (乾燥重量値:約44.32%)
    /約390kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎜
    ・粒の形:円形
3.5 2.0 5.0 5.0  800g/2kg/4.4kg
(4.4kgはAmazon限定)
 64.1円
(109.5円)
800g/891円
2kg/2,100円
4.4kg/4698円 
子猫/妊娠・
授乳期の
母猫 
ナチュラルバランス
インドアキャット


  • たんぱく質30%以上
    (乾燥重量値:約33.33%)
    /357kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約1㎝
    ・粒の形:円形
4.5 2.5 5.0 4.5 1kg/2.85kg 151.5円
(282.8円)
1kg/2,640円
2.85kg/7,194円
全年齢  
アイムス
子ねこ用


  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:約36.76%)
    /387kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎝
    ・粒の形:四角形
4.5 2.5 5.0 5.0 1.5kg 71.2円
(122.7円)
1.780円 子猫
カルカンパウチ
子猫用まぐろ


  • たんぱく質7%以上
    (乾燥重量値:約50%)
    /約71.4kcal(70gあたり50kcal)
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心
    穀物使用
  • ウェットフード
3.0 1.0 5.0 5.0 70g 1袋あたり
83.3円
(666.5円)
2,998円
(70g×36袋)
子猫  
ヒルズ
サイエンス
ダイエット
キトン
チキン


  • たんぱく質35%以上
    (乾燥重量値:39.6%)
    /425.3kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心

    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約7㎝
    ・粒の形:三角形
 4.0  2.5  4.0 5.0  800g/1.4g/1.8kg 68.9円
(108.1円)
800g/941円
1.4kg/1.673円
1.8kg/2,068円
子猫/妊娠・
授乳期の
母猫
 
ロイヤルカナンキトン

△ 
  • たんぱく質34%以上
    (乾燥重量値:36.36%)
    /407kcal
  • 消化しやすさ
    ・動物性たんぱく質中心

    穀物使用
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎝
    ・粒の形:「×」のような形
3.0  2.5 5.0  5.0  400g/2kg/10kg   82.7円
(135.4円)
400g/1,211円
2kg/3,820円
10kg/13,780円 
子猫
(生後4か月
~12か月) 
  
ビューティープロ子猫用

×
  • たんぱく質40%以上
    (乾燥重量値:約44.44%)
    /390kcal
  • 消化しやすさ
    穀物中心
  • ドライフード
    ・粒の大きさ:約8㎝
    ・粒の形:ハート形
4.5 0.5 5.0 4.0 600g/1.5kg 45.1円
(77.1円)
600g/617円
1.5kg/1,127円
子猫

※1 公式サイト・大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出(ウェットフードは1袋あたりの価格を記載)。カッコ内は公式サイト・大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

合わせて読みたい関連記事①

キャットフードおすすめ18選はこちら。

当サイトでは、メーカーや業者からの協力なしで自腹で独自に猫の飼い主総勢100名以上に向け、愛猫にキャットフードをあげたことによって起きた変化を探る、15項目に及ぶアンケートを実施

その結果をペットフードアドバイザーの資格を持つ僕の視点で分析し、本当に愛猫におすすめできるキャットフードをランキング形式でまとめました。

厳選した18商品は、栄養バランス、安全性、人気と実績、コスパ全てがハイグレードなキャットフードです

キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!

>>【2024年最新】キャットフードおすすめ18選を47種からペットフードアドバイザーが本気で厳選!を見る

合わせて読みたい関連記事②

 

【2024年最新】子猫向けキャットフードおすすめ10選!

  1. ジャガーキャットフード
  2. カナガン(サーモン、チキン)
  3. モグニャン
  4. グランツ(チキン&サーモン)
  5. オリジン(キトゥン)
  6. ニュートロワイルドレシピ(キトン)
  7. ナウフレッシュグレインフリー(キトン)
  8. ジウィピーク(ラム)
  9. 犬猫生活キャットフード
  10. アカナ(ファーストフィースト)

 

はるま
この10種類から選べば間違いなし!さっそく見てみよう!!

 

ジャガーキャットフード

1種類目のおすすめは「ジャガーキャットフード」。

「真に質の高いペットフードを提供してほしい」という顧客からの要望に応え、上質なたんぱく質にこだわりながらも「手の届く贅沢」を実現したキャットフードです。

主原料にチキン・鴨・サーモン・マスといった動物性原材料を約80%も使用しており、余計な添加物や穀物も不使用。そのため、高たんぱくで嗜好性も高く、消化性も優れています。

さらに、粒の大きさは約1㎝で平たいドーナツ型のため子猫でも食べやすく、体が大きくなっても丸飲みする心配がありません。

また、全年齢対応のため成猫になってもフードを変える必要がなく、偏食の猫ちゃんでも安心なキャットフードです。

 

ジャガーキャットフードの口コミ

ここでは、ジャガーキャットフードの第三者の口コミや評価を、独自アンケートやSNS・ECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、ジャガーキャットフードの悪い口コミを見てみましょう。

 

▼子猫に与えたが食いつきがわるい

メインクーンの3か月くらいの子猫です
いろいろネットで調べた結果ジャガーが最適のようだったので期待して奮発して買ってみましたが、ロイヤルカナンからどう切り替えようとしてもロイヤルカナンのほうが食いつきがいいです
たまにジャガーだけを残す日もありました(引用:Amazon)

 

▼パッケージの密閉性がわるい

袋はマジックテープになっていますが密閉性は皆無です
袋に空気を入れて閉じた時、手で潰したらほとんど抵抗なく空気が漏れて行きました。

1週間くらいから食いつきが悪くなったので、風味が飛んだんだと思います。
そのため、少なくとも密閉性が良い袋に入れ替える必要があります。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 食いつきが悪い
  • パッケージの密閉性が悪い

という口コミがあるね。

はるま
パッケージの密閉性が悪い場合は、フードを酸化させないようにアルミ袋に小分けにしたり、フードストッカーを利用したりするといいよ!詳しくはこちらの記事をチェック!!

食いつきが悪いときは、以下の対策を試してみて!

 

食いつきが悪いときの対策

  • 味が好みではない場合
    ⇒フードを温めて香りを強めたり、愛猫が好きなものをトッピングしたりすると食べる場合がある
  • フードの大きさや固さが好みではない場合
    ⇒フードを砕いたり、ふやかしてたりしてみる
  • 新しいフードに警戒している場合
    ⇒今まで食べていたフードに少しずつ混ぜて与え、少なくとも1週間掛けて切り替える
  • 食事環境にストレスを感じている場合
    ⇒猫は暗くて狭い場所が落ち着くため、仕切りなどを使って落ち着ける環境を整える
  • 体調が悪い場合
    ⇒獣医師に相談する

 

良い口コミ

つづいて、ジャガーキャットフードの良い口コミを見てみましょう。

 

▼子猫でも安心して与えられている

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

でくたこ(@deku_tako)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼食いつきが良くあっという間に完食した

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アクフレ&ぎんちゃん(@crea_yoshiko)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼匂いが美味しそう

 

▼子猫でも問題なく食べた

1袋だけ、送料も込み、早く届くということで、割高ですが試しのためにこちらで購入しました。5か月の子猫に与えました。今までのキトン用のドライフードに比べて粒が大きいので心配しましたが、問題なく食しました。うっかり注文が遅れ、1日だけ以前のフードを急遽購入し与えましたら、食したものの3食連続で吐きました。もう、別のフードは受け付けなくなるくらい、ジャガーを気に入ったようです。(引用:Amazon)

 

独自アンケートの口コミ
まるおのママさん_29歳女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

猫種:マンチカン/1歳

キャットフードを選ぶ際に栄養も重視しますが、完全室内猫で暮らしているので便のニオイが少しでも軽減されるキャットフードを選んでいます。

ジャガーキャットフードを食べさせて数日後から便のニオイも軽減されてきました。

高栄養、素材の良いキャットフードを与えると排出される(体内でカスになって便になる)物が少ないから便のニオイがきつくないと聞いたことがあるのですが、ジャガーキャットフードはいい素材が使われていてグレインフリー・香料など使われていないので、エサのほとんどが栄養として吸収されて便として排出される物は少なく臭くなく、本当にその通りだなと思いました。

うちの猫は毛長タイプなので毛の艶がより目立つ子なのですが 毛の艶もよくなり毎日のブラッシングが楽しみです!

みかんさん_26歳女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

猫種:スコティッシュフォールド

前に使っていたキャットフードが合わなかったのか最初は食べていたんですが、なかなか食べが良くなくなったり食べなくなったり、お通じが出てなかったりと便秘にもなっていて心配していました。

お友達に猫を飼っていたので相談してみるとジャガーキャットフードをおすすめされ、自分でも調べてみることにしました。

お試しで買うと食いつきが今までとは全然違くおかわりっぽい感じで鳴き声も聞こえてきてましたお通じも前は出てないことが多かったですがれに変えてから毎日出るようになり元気もいい気がします。

美味しいのは当たり前ですが、栄養のことも凄く考えてるキャットフードで、これに出会えて猫が凄く元気に食べてくれることが嬉しいので本当に良かったです。

 

>>独自アンケートの口コミをもっと見る

 

まりこ(奥さん)
  • 子猫でも安心して与えられる
  • 食いつきがいい
  • 匂いが美味しそう
  • 便の調子が良くなった
  • 毛ツヤが良くなった

という嬉しい声で溢れているね!

はるま
ジャガーは上質な動物性原材料を約80%も使っているから食いつきも栄養バランスもいいし、子猫でも食べやすい形状だから安心だよ!

 

ジャガーの評価結果

   評価結果&概要
総合評価 5 out of 5 stars (5 / 5)
価格(円/税込み)

【通常】5,030円
【定期】4,030円(20%OFF)~※1

※1 1回の購入個数と割引率

  • 1回1袋⇒4,534円/袋(10%OFF)
  • 1回2袋~4袋⇒4,282円/袋(15%OFF)
  • 1回5袋以上⇒4,030円/袋(20%OFF)
内容量 1.5kg
1日当たりの
食費(円/税込み)※2
161.2円(277.3円)
たんぱく質の割合(%)/カロリー(100gあたり) 37%以上(乾燥重量値:約40.22%)/387.5kcal
主なたんぱく源 肉類(チキン生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、チキンレバー、鴨生肉)、
魚類(生サーモン、生マス)、乾燥卵
動物性原材料の割合(%) 約80%
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約1㎝/平たいドーナツ型
販売元 公式サイトはこちら

※2 公式サイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は公式サイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
動物性原材料をたっぷり使用しているにもかかわらずお手頃価格なジャガーキャットフードは、あなたにも子猫にも優しいキャットフード!

抜群の食いつきと栄養バランスで、愛猫が美しく丈夫に成長するよ!

 

\定期コースからの購入で最大20%OFF!/

 

 

カナガン(サーモン、チキン)

2種類目のおすすめは「カナガン(サーモン、チキン)」。

獣医師の94%が推奨し、原産国イギリスではエリザベス女王に表彰された実績のあるキャットフードです。

カナガンにはチキン味とサーモン味の2種類があり、どちらも動物性原材料の割合が60%以上グレインフリー(穀物不使用)。そのため、優れた栄養バランスと高い嗜好性を兼ね備えています。

また、粒の大きさはチキン味が約1㎝、サーモン味が約7㎜のため、子猫でも食べやすい大きさといえるでしょう。

さらに、購入後もフードの与え方や愛猫の健康について専門知識を持ったスタッフに相談できるため、何かとトラブルの多い子猫も安心です。

※  カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ

 

カナガン(サーモン、チキン)の口コミ

ここでは、カナガン(サーモン、チキン)の第三者の口コミや評価を、独自アンケートやSNS・ECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、カナガン(サーモン、チキン)の悪い口コミを見てみましょう。

 

▼すぐに飽きてしまった(チキン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ベル♡ライラ(@bellyra_ayakazuya)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼ほとんど食べない(サーモン)

公式サイトから定期で購入したのですが、食いしん坊でなんでも食べる子がカナガンをほとんど食べませんでした。初めはニュートロと混ぜてあげてたのですが、そのときは多少は残すものの食べてました。
なのにカナガンだけにしたらほとんど食べない。1日3回の食事でほとんど残してしまい、これはダメだなと思ってやめました。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 飽きてしまった
  • 食べない

という口コミがあるね。

はるま
愛猫のために選んだフード、食べてくれないと悲しいよね。

食いつきが悪いときの対策を確認してみて!

 

良い口コミ

つづいて、カナガン(サーモン、チキン)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼生後9か月の子猫も美味しそうに完食した(チキン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ニコラ Nikola ┆ エキゾチックショートヘア(@nikola0601)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼すごい勢いで食べた(サーモン)

 

▼いい香りがする(サーモン)

魚ベースの品物だからか?良い香りがします。(引用:Amazon)

 

独自アンケートの口コミ(サーモン)
まみぷらすさん_38歳女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

猫種:スコティッシュフォールド/1歳

前までまったく食べない状態でしたが、催促する回数が多く全然満足できていなかった様子でした。原因がわからずいろいろ試していましたが偶然にも試供品でもらったカナガンをあげたところ改善がみられました

アレルギーも気になりましたがいまのところ症状がでていないので安心してあげています

ほかのこのごはんと混ぜてみるとぜんぜん食べなくなってしまうので、よほど気にいったのだと思います。

また、粒が小さくできているので食べやすそうなのと、食欲をそそる香りも気に入っている様子です。

お腹がいっぱいになる時間もほかと比べて長いようで、猫がごはんの催促をする回数が減りました。

らてさん_19歳男性
4 out of 5 stars (4 / 5)

猫種:マンチカン/1歳

最近、愛猫のキャットフードを「カナガンキャットフード サーモン」に変えたところ、食いつきがよくなり、便の状態も改善しました

以前は別のフードを与えていたのですが、最近は食べなかったり、少しずつしか食べなかったりということが続いていました。新しいフードは、グレインフリーのものを選びました。与える量や与え方も、少しずつ変えていきました。すると、食いつきが良くなり、すべてのフードを完食するようになりました。

また、便の状態も良くなり、固さや臭いも改善されました特に、臭いについては、以前に比べると全く気にならなくなりました。

また、体調も良く、運動量が増えたように感じます。このように、愛猫のフードを変えることで、食いつきや便の状態が改善されたと感じています。

ペットにとって、適切な栄養バランスの取れたフードを選ぶことは、健康維持にとって非常に重要であることが分かりました。

 

>>独自アンケートの口コミをもっと見る

 

独自アンケートの口コミ(チキン)
にくねこさん_40代女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

猫種:雑種/1歳

子猫の時からウェットフードは良く食べますが、カリカリのキャットフードはお皿に残ったままでお腹が空いた時にポリポリ食べる程度でした

しかし、カナガンは初めて与えた時からウェットフードを食べる時と同じくらいの食いつきで、一粒残さず全て平らげてしまいました

これまでは多い時は週に4,5回吐いていたのが余程毛玉が溜まった時にだけ吐き戻すにとどまり、吐き戻しが大きく改善されました

また、月に数回柔らかめの便をしていましたが、それらも落ち着いて形の綺麗な健康的な便が出るようになりました

子猫の頃に与えていたロイヤルカナンの時から毛並みや毛艶は良かったですが、カナガンを与えてからさらに見た目も体力もよりハツラツとしているように感じられます。

さっちゃんさん_30代女性
4 out of 5 stars (4 / 5)

猫種:ロシアンブルー

まず全種類のどの年齢にも可能ということで与えました。成分もよく、通っている獣医さんもいいフードと言っていたので購入。

カナガンに変更する前まではロイヤルカナンを長い期間与えていたのですが、急に食いつきが悪く残すような日も増えてきたこと、そして緩いウンチが増え、下痢になってしまったこともあって不安でしたので、まずはご飯を変えてみようと思いかなりの種類のキャットフードを試しました。

便が改善されなかったもの、食いつきが悪くたべなかったものなどありましたが、我が家の猫はカナガンのチキン味だけはすごい勢いで食べていました便が通常の状態に戻り、においも少なく、毛並みも輝くようにきれいになったのでリピしようと決めました。

 

>>独自アンケートの口コミをもっと見る

 

まりこ(奥さん)
  • 子猫も完食した
  • いい香りがする
  • 便の状態が良くなった
  • 見た目も体力もハツラツとしている
  • 毛並みがきれいになった

という口コミがあるね!

はるま
成長期の子猫がたくさん食べてくれたら、飼い主さんも嬉しいよね!

 

カナガン(サーモン、チキン)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.9 out of 5 stars (4.9 / 5)
価格(円/税込み)

【通常】5,030円
【定期】4,030円(20%OFF)~※1

※1 1回の購入個数と割引率

  • 1回1袋⇒4,534円/袋(10%OFF)
  • 1回2袋~4袋⇒4,282円/袋(15%OFF)
  • 1回5袋以上⇒4,030円/袋(20%OFF)
内容量 1.5kg
1日当たりの
食費(円/税込み)※2
161.2円(サーモン/270円、チキン/265.3円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
【サーモン】
34%以上(乾燥重量値:約36.96%)/398kcal

【チキン】
34%以上(乾燥重量値:約36.96%)/405kcal

主なたんぱく源 【サーモン】
生サーモン、乾燥サーモン、乾燥ニシン、乾燥白身魚、生マス、ジャガイモタンパク

【チキン】
乾燥チキン、チキン生肉、乾燥卵

動物性原材料
の割合(%)
【サーモン】
約78%

【チキン】
約66.8%

穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 【サーモン】
約7㎜/円形

【チキン】
約1㎝/円形

販売元 公式サイトはこちら

※2 公式サイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は公式サイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
チキン、サーモンともに動物性原材料の割合は60%以上!

美味しくたんぱく質を摂ってもらって、愛猫の成長を支えられるよ!

 

\公式サイトからの購入で最大20%OFF!/

 

 

モグニャン

3種類目のおすすめは「モグニャン」。

獣医師の93%が推奨※1し、人気No.1・注目度No1・愛猫に与えたいNo.1の3冠を獲得※2した人気のあるキャットフードです。

たんぱく質の乾燥重量値が約28.42%とやや低めではあるものの、主原料には白身魚を65%使用しており、消化しづらい穀物や危険な添加物は一切使用していません。

また、生産工場はFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい基準をクリアしているため品質管理も安心できます。

さらに、粒の大きさは直径約8㎜と小粒なため、口の小さな子猫も食べやすいキャットフードです。

※1 当製品を使用した獣医師113名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ。
※2 愛猫家485名への5商品に対するインターネットアンケート調査の結果。2021年9月日本トレンドマップ研究所調べ。

 

モグニャンの口コミ

ここでは、モグニャンの第三者の口コミや評価を、独自アンケートやSNS・ECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、モグニャンの悪い口コミを見てみましょう。

 

▼子猫の食いつきが悪い

 

▼下痢をしてしまった

ローテ用にと試してみましたが、3-4日目位に数頭が下痢になってしまい、そのうちの1匹が悪化したため病院に連れていき、餌を元に戻しました。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 食いつきが悪い
  • 下痢をしてしまった

という口コミがあるね…。

はるま
お魚よりもお肉が好きな猫ちゃんなのかな?食いつきが悪いときの対策を試してみて!

あと、食べ過ぎやアレルギーによって下痢をしてしまったのかも。

 

愛猫が下痢をしてしまったら…

  • 原材料にアレルギーがないか確認する
  • 食べ過ぎている場合は、1回の量を減らし、ご飯の回数を増やしてみる

 

良い口コミ

つづいて、モグニャンの良い口コミを見てみましょう。

 

▼小粒のため子猫に食べさせやすい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Prince Coco♡美猫マンチカン・ミヌエット専門ブリーダー(@princecoco__)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼子猫もよく食べる

 

▼食物アレルギーがあるがモグニャンなら食べられる

チキン、アジ、サバ、オートミールなどの食物アレルギーがひどい我が家の猫は、カリカリはこれしか食べれません
モグニャンならアレルギー症状が出ません(引用:Amazon)

 

独自アンケートの口コミ
にゃんたんさん_20代女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

猫種:三毛猫/1歳

うちの子は生猫なのにとても小柄な猫ちゃんなので、これまで餌が大きいととても食べづらそうですぐ容器からこぼしてしまっていました。そんなわけか、これまでの餌はどれも食べづらいからか少し食べてはやめての繰り返しで少し可哀そうでした。

ですがモグニャンに変えてからはとても食べやすそうで器からこぼれることなく一回でペロッと食べてしまうようになりました

無添加の食材を使っているからなのか毛の艶(つや)もとても良くなり、野良猫だったのにしっかり家猫の感じになりました。

加えて便も硬かったり緩かったりと安定していなかったですが、モグニャンに替えてからは安定した便が出ているので安心できるようになりました。

なるさん_30代女性
4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

猫種:アメリカンショートヘア/1歳

前の餌に飽きてきていたのか食べムラが出るようになってきていたこともあり、モグニャンを購入しました。その結果、小粒で噛みやすく食べやすいみたいで以前に比べてたくさん食べてくれるようになりました

毛もバサバサになっていることがあったのですが、モグニャンを食べ始めてから確実に毛にツヤが出てきたのを実感しています。加えて魚系のキャットフードのおかげか健康的な栄養素が多いので、たるんでいた体型もしまってきたような気がします

 

>>独自アンケートの口コミをもっと見る

 

まりこ(奥さん)
  • 小粒で子猫に食べさせやすい
  • 子猫もよく食べる
  • 食物アレルギーがあるがモグニャンは食べられる
  • 便の状態が良い
  • 毛ツヤが良くなった

という口コミがあるね!

はるま
モグニャンの動物性原材料は白身魚のみだから、チキンなどのお肉にアレルギーがある子も安心して食べられるよ!

 

モグニャンの評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.8 out of 5 stars (4.8 / 5)
価格(円/税込み)

【通常】5,030円
【定期】4,030円(20%OFF)~※1

※1 1回の購入個数と割引率

  • 1回1袋⇒4,534円/袋(10%OFF)
  • 1回2袋~4袋⇒4,282円/袋(15%OFF)
  • 1回5袋以上⇒4,030円/袋(20%OFF)
内容量 1.5kg
1日当たりの
食費(円/税込み)※2
161.2円(283.6円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
27%以上(乾燥重量値:約28.42%)/379kcal
主なたんぱく源 白身魚、エンドウ豆タンパク
動物性原材料
の割合(%)
65%以上
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約8㎜/円柱
販売元 公式サイトはこちら

※2 公式サイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は公式サイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
動物性原材料は白身魚のみのモグニャンキャットフード!

チキンなどのお肉が苦手な子猫も安心して大人の階段を登れるよ!

 

\公式サイトからの購入で最大20%OFF!/

 

 

グランツ(チキン&サーモン)

4種類目のおすすめは「グランツ(チキン&サーモン)」。

累計販売数が800万食を突破※1し、定期継続率93%※2を誇る人気のキャットフードです。

主原料にチキンとサーモンを使用しており、動物性原材料の割合は71.8%。たくさんの動物性たんぱく質で子猫の成長を支えます。

また、穀物不使用のため消化しやすく、粒の大きさも約6㎜と小粒で子猫が食べやすい大きさです。

さらに、公式サイトのごちそう定期便では

  • 獣医師オンライン相談(LINE)を無料で利用可能
  • 初回は3種類(チキン&サーモン、チキン、サーモン)※3のうち1種類を63%OFFで購入できるうえ、他の2種類のサンプルももらえる

という嬉しいサービスがあります。

※1 2024年1月時点の数値。室内飼い・避妊・去勢済みの猫(4kg)の1日あたりの食事量で換算。
※2 2023年4月時点

※3 チキン、サーモンは成猫~シニア猫用

 

グランツ(チキン&サーモン)の口コミ

ここでは、グランツ(チキン&サーモン)の第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、グランツ(チキン&サーモン)の悪い口コミを見てみましょう。

 

▼品切れになる

この味だけは大粒が好きなベンガルが子猫時に食べてましたが、すぐに公式での品切れ!しかも期間が長かった
安定供給できてないのでもう信用できなくてやめました。これ一本に絞って食べさせるのは気をつけたほうが良いかもです。(引用:Amazon)

 

▼粒が大きい

粒が大きめなので子猫ちゃんには不向きです!(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 品切れになる
  • 粒が大きい

という口コミがあるよ?

はるま
品切れは困っちゃうね。子猫期はいろんなものを食べさせた方がいいし、フードをローテーションしておくといいかも。

グランツ(チキン&サーモン)は約6㎜でかなり小粒のハズなんだけど、それでも大きいと感じたら砕いたりふやかしたりするといいよ!

 

良い口コミ

つづいて、グランツ(チキン&サーモン)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼キトン用は丸のみしがちだったが、グランツはよく噛んで食べる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❤︎⃜かりんⓕⓐⓜ´•ﻌ•`❤︎⃜(@karinrin_yuzupon_88)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼子猫もよく食べる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🍺🥒🫒🥂🤍’s Daily Journal(@daily_beer_the_wondercat)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼食いつきがよく、きれいな便が出るようになった

食いつきも良くカリカリと美味しそうに食べています。うんちも今までは緩めでしたが、この餌に変えてから艶のあるきれいなものが出るようになりました。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • よく噛んで食べる
  • 子猫もよく食べる
  • キレイな便が出る

という口コミがあるね!

はるま
いっぱい噛んでいっぱい食べて、健康に育ってほしいね!

 

グランツ(チキン&サーモン)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.7 out of 5 stars (4.7 / 5)
価格(円/税込み) 【通常価格】
2,000円

【ごちそう定期便】
初回 : 980円(63%OFF)&送料無料
2回目以降 : 3袋/4,800円(20%OFF)※1

内容量 500g
1日当たりの
食費(円/税込み)※2
192円(354.6円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
36%以上(乾燥重量値:約40%)/361kcal
主なたんぱく源 脱水チキン、フレッシュチキン、脱水サーモン、チキンプロテイン
動物性原材料
の割合(%)
71.8%
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約6㎜/三角形
販売元 公式サイトはこちら

※1 2回目以降は3袋から注文可能
※2 公式サイトのごちそう定期便2回目以降の価格と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は公式サイトのごちそう定期便2回目以降の価格と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
チキンとサーモンが食欲をそそるグランツ(チキン&サーモン)!

ごちそう定期便なら気軽に獣医師に相談できるから、悩み多き子猫時代の強い味方になること請け合い!

 

\ごちそう定期便の利用で初回63%OFF&送料無料/

 

 

オリジン(キトゥン)

5種類目のおすすめは「オリジン(キトゥン)」。

ワシントンD.C.のグリセミックリサーチ研究所から、ペットフードの国際的な賞であるペットフード・オブ・ザ・イヤーに3年連続で選ばれた実績のあるキャットフードです。

オリジンの最大の特徴は「限りなく野生に近い食事」を再現していること。そのため、動物のお肉だけでなく骨や内臓も使用しており、動物性原材料の割合は驚異の90%です。

また、高たんぱくで高カロリーなフードのため、小食な子猫でも栄養を摂りやすいフードといえます。

 

オリジン(キトゥン)の口コミ

ここでは、オリジン(キトゥン)の第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、オリジン(キトゥン)の悪い口コミを見てみましょう。

 

▼食いつきが良くない

残念ながらうちの猫は思った程食いつきが良くなく。。渋々食べているようです。残念!(引用:Yahoo!ショッピング)

 

▼匂いがきつい

ウチの愛猫は、ガッツいて食べます。
においは、動物のエサ感でキツめかな。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 食いつきが良くない
  • 匂いがきつい

という口コミがあるけど…。

はるま
食いつきが良くない場合は、食いつきが悪いときの対策を試そう!

あと、動物性原材料が多いから匂いはどうしてもきつくなっちゃうんだよね。換気したり、空気清浄機を導入したりして対策しよう!

 

良い口コミ

つづいて、オリジン(キトゥン)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼美味しそうに食べ、便の調子も良い

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kurupt🥤🤴🏽roscoe🇺🇸🐧(@kuruscoe_cats)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼成猫になってもオリジンはスタメンにしたい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kurupt🥤🤴🏽roscoe🇺🇸🐧(@kuruscoe_cats)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼小粒で食べやすい

グレインフリーの中でも内容成分がよく、小粒で食べやすいです。(引用:楽天市場)

 

まりこ(奥さん)
  • 美味しそうに食べる
  • 便の調子がいい
  • 成猫になってもオリジンを食べさせたい
  • 小粒で食べやすい

という口コミがあるね!

はるま
動物性原材料が90%も含まれているから、肉食の猫ちゃんは大好きだと思うよ!

それに、オリジンは子猫用以外にも全年齢対応のラインナップが豊富だから、たくさんの種類から選べるのも嬉しいね!

 

オリジン(キトゥン)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.7 out of 5 stars (4.7 / 5)
価格(円/税込み) 340g/1,584円
1.8kg/7,040円
5.4kg/16,720円
内容量 340g/1.8kg/5.4kg
1日当たりの
食費(円/税込み)
185.8円(300.6円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
40%(乾燥重量値:約44.44%)/412kcal
主なたんぱく源 新鮮鶏肉、生七面鳥肉、生サーモン、
生の丸ごとニシン、新鮮鶏内臓(レバー・心臓)、
生七面鳥レバー、生の丸ごとサバ、新鮮卵、
ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、
ディハイドレートニシン、ディハイドレート鶏レバー、
ディハイドレート卵
動物性原材料
の割合(%)
90%
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約7㎜/不揃い
販売元 公式サイトはこちら

※ 大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
動物性原材料を90%も使用しているオリジン(キトゥン)は、子猫が本能から求める美味しさ!

野生に近い食事で子猫の体を丈夫にするよ!

 

 

 

ニュートロワイルドレシピ(キトン)

6種類目のおすすめは「ニュートロワイルドレシピ(キトン)」。

厳選された自然素材や最新の栄養学によって、肉食の猫が野生の頃から食べている食事を実現したキャットフードです。

チキンやサーモンといった動物性たんぱく質をメインに使用しており、高たんぱくでグレインフリー(穀物不使用)。そのため、消化しやすく食いつきも期待できるフードです。

また、粒の大きさも約7㎜と小粒のため、小さな子猫に安心して与えられます。

 

ニュートロワイルドレシピ(キトン)の口コミ

ここでは、ニュートロワイルドレシピ(キトン)の第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、ニュートロワイルドレシピ(キトン)の悪い口コミを見てみましょう。

 

▼軟便や下痢になる

 

▼食いつきが悪い

我が家の猫様は好きじゃなかったみたいです
食いつきが悪いです(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 軟便や下痢になる
  • 食いつきが悪い

という口コミがあるね。

はるま
食いつきに関しては、繰り返しで申し訳ないけど食いつきが悪いときの対策を確認しよう!

軟便や下痢は以下の対策をしてみて!

 

愛猫が下痢をしてしまったら…

  • 原材料にアレルギーがないか確認する
  • 食べ過ぎている場合は、1回の量を減らし、ご飯の回数を増やしてみる

 

良い口コミ

つづいて、ニュートロワイルドレシピ(キトン)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼食いつきがいい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7にゃんFamily😸(@rintaro0601)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼立派なウンチが出る

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

保護ねこの家〜スタッフのポスト〜(@hogonekonoie_st)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼毛ツヤが良くなった

好き嫌いするニャンコのため、色々試しています。めちゃめちゃ食いつくわけではないけど、そこそこ美味しくいただいてるご様子なので今後も継続したいと思います。驚いたのが、ちょこちょこレビューに記載されていた毛艶が良くなるという点です!ほんまかいなと半信半疑でしたが、ほんまにほんまでした!トゥルトゥルの手触りで明らかに艶々です!毛艶に大興奮しました。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 食いつきがいい
  • 立派なウンチが出る
  • 毛ツヤが良くなった

という口コミがあるね!

はるま
さすが、野生の頃から食べている食事を実現したキャットフードだね!

 

ニュートロワイルドレシピ(キトン)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.6 out of 5 stars (4.6 / 5)
価格(円/税込み) 400g/1,466円
1kg/3,208円
2kg/5,976円
内容量 400g/1kg/2kg
1日当たりの
食費(円/税込み)
179.3円(310.4円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
38%以上(乾燥重量値:約42.22%)/385kcal
主なたんぱく源 チキン(肉)、チキンミール、エンドウタンパク、ポテトタンパク、
サーモンミール、フィッシュミール
動物性原材料
の割合(%)
記載なし
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約7㎜/楕円
販売元 公式サイトはこちら

※ 大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
厳選素材と最新の栄養学から生まれた、野性味あふれるニュートロワイルドレシピ!

今はかよわい子猫ちゃんも、たくましい「ワイルドにゃんこ」に成長するかも!

 

 

 

ナウフレッシュグレインフリー(キトン)

7種類目のおすすめは「ナウフレッシュグレインフリー(キトン)」。

乾燥肉やミートミールを一切使用せず、生の食材にとことんこだわったキャットフードです。

主なたんぱく源であるターキー、サーモン、ダックはすべて生のものを使用しており、製造方法も低温調理でたんぱく質の変性を抑えています

また、人工添加物や穀物が含まれておらず、粒も約5㎜~7㎜と小粒のため子猫に安心して与えられるフードです。

 

ナウフレッシュグレインフリー(キトン)の口コミ

ここでは、ナウフレッシュグレインフリー(キトン)の第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、ナウフレッシュグレインフリー(キトン)の悪い口コミを見てみましょう。

 

▼食べない

 

▼粒が小さく食べづらそうだった

粒が本当に小さくて、丸飲みでも問題ないですが
食べずらそうでした(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 食べない
  • 粒が小さくて食べづらい

という口コミがあるね。

はるま
食べないときは、食いつきが悪いときの対策を試してみるといいよ!

粒が小さくて食べづらい場合は、フードを変えた方がいいかも!

 

良い口コミ

つづいて、ナウフレッシュグレインフリー(キトン)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼ウェット好きの子猫もナウフレッシュなら食べてくれる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Angie🧁Monica🍩Louis👑(@monroe_angie_monica_louis)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼食いつきが違う

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

komugi_0312_meow(@komugi___mozuku)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼小粒で食べやすい

かなり小粒なので、食べやすいようで、丸呑みしても大丈夫そうで気に入ってます。(引用:Amazon)

 

▼毛ツヤがキレイで便の状態もいい

グレインフリーかつミートミールを使っていないというのが飼い主としては惹かれる部分です。
毛艶が本当にキレイなのと、うんちも硬すぎず柔らかすぎずいい感じなので、買い続けています。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • ナウフレッシュなら食べてくれる
  • 食いつきが違う
  • 小粒で食べやすい
  • 毛ツヤがキレイ
  • 便の状態が良い

という口コミがあるね!

はるま
生の食材にこだわっているから、素材の美味しさや栄養が損なわれていないんだね!

 

ナウフレッシュグレインフリー(キトン)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
価格(円/税込み) 350g/1,485円
1.36kg/5,280円
3.63kg/12,650円
内容量 350g/1.36kg/3.63kg
1日当たりの
食費(円/税込み)
209.1円(350.9円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
33%以上(乾燥重量値:約36.67%)/397.2kcal
主なたんぱく源 ターキー生肉(骨抜き)、乾燥鶏卵、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)
動物性原材料
の割合(%)
記載なし
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約5㎜~7㎜/丸粒
販売元 公式サイトはこちら

※ 大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
生のお肉やお魚を使い、素材の鮮度にもこだわっているナウフレッシュ!

素材の美味しさや栄養がギュッと詰まっているから、子猫の食欲を守りつつ健康な成猫へと導いてくれるよ!

 

 

ジウィピーク(ラム)

8種類目のおすすめは「ジウィピーク(ラム)」。

独自のエアドライ技術により、原材料の栄養をそのまま閉じ込めることに成功した生食に代わるキャットフードです。

お肉や内臓、骨などの動物性原材料を96%も使用しているため食いつきが良く、高たんぱくで高カロリー。そのため、栄養がたくさん必要な子猫にぴったりといえるでしょう。

また、嗜好性に優れたフードのため、主食だけでなくトッピングやおやつとしても活躍できるフードです。

 

ジウィピーク(ラム)の口コミ

ここでは、ジウィピーク(ラム)の第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、ジウィピーク(ラム)の悪い口コミを見てみましょう。

 

▼少し飽きてしまった

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YUKA🐱(@yukasakamoto1223)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼値段が高すぎる

健康に良さそうなので続けたいのですが、とにかく高すぎます。。。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 少し飽きてしまった
  • 値段が高すぎる

という口コミがあるね…。

はるま
飽きてしまったときは、フードを温めると食べてくれるかも!食いつきが悪いときの対策を確認してみて!

値段はウェットフード並みに高い!でも、高カロリーだから少量で子猫のエネルギーを補えるし、主食にするには高くても、おやつやトッピングとして使えるよ!

 

良い口コミ

つづいて、ジウィピーク(ラム)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼気に入ってくれた

 

▼食いつきが良く、ラムの割には臭くない

 

▼子猫の食いつきがよく、便の状態もいい

2.5ヵ月の子猫にふやかしたこちらを半量、元々与えていたロイカナの子猫用カリカリと子猫用ムースを混ぜて与えています。
心配だった食いつきも非常によく、混ぜた中でもジウィピークだけすぐに無くなりま
今のところ便の状態も良好。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 気に入ってくれた
  • 食いつきがいい
  • ラムの割には臭くない
  • 便の状態がいい

という口コミがあるね!

はるま
動物性原材料の割合は10選の中でダントツ1位だから、食いつき抜群だし、元来肉食の猫の体にも合っているんだね。

 

ジウィピーク(ラム)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
価格(円/税込み) 400g/4,730円
1kg/10,010円
内容量 400g/1kg
1日当たりの
食費(円/税込み)
600.6円(808.9円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
38%以上(乾燥重量値:約44.19%)/495kcal
主なたんぱく源 ラム生肉、ラムトライプ生肉、ラムラング生肉、ラムハート生肉、
ラムレバー生肉、ラムキドニー生肉、ラムスプリーン生肉(脾臓)
動物性原材料
の割合(%)
96%
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 1㎝弱/四角形(ジャーキーに似ている)
販売元 公式サイトはこちら

※ 大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
動物性原材料を96%も使用している、「ほぼお肉」なジウィピーク!

栄養価も嗜好性も高いから、成長期の子猫のために1袋あると安心だよ!

 

 

 

犬猫生活キャットフード

9種類目のおすすめは「犬猫生活キャットフード」。

獣医師の93%が推奨※1し、累計販売量が2,500万食を突破※2した人気の国産キャットフードです。

犬猫生活キャットフードは

  • 国産の生鶏肉(チキン味)
  • 金沢港の朝獲れ魚(魚味)

の2種類があり、どちらも消化に悪い穀物や人工添加物が使われていません。

また、原材料はすべて人間が食べられる品質なうえ、原材料の産地や配合理由も公開されていることから、子猫に安心して与えられるフードといえます。

くわえて、チキン味と魚味の粒の大きさが同じ(大きいもので約1㎝)なため、子猫の味の好みによって選べるのも嬉しいポイントです。

※1 2021年10月 Vet’sEYE調べ 製品サンプルを使用した獣医師110名が評価
※2 2023年11月30日までの犬猫生活ブランド累計販売量(1食50g換算)

 

犬猫生活キャットフードの口コミ

ここでは、犬猫生活キャットフードの第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、犬猫生活キャットフードの悪い口コミを見てみましょう。

 

▼食べっぷりがイマイチ(魚味)

 

▼好みが分かれる(チキン味)

仔猫から食べれる小さいサイズのカリカリフードでした。
粒が小さい為か
よく食べる子と、あまり食べない子がいるので
好みが分かれるようです。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 食べっぷりがイマイチ
  • 好みが分かれる

という口コミがあるねぇ。

はるま
チキン味と魚味があるから、両方試してみるといいかも。あとは、食いつきが悪いときの対策を試してみよう!

 

良い口コミ

つづいて、犬猫生活キャットフードの良い口コミを見てみましょう。

 

▼毛並みがツヤツヤになった(チキン味)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぎんじ🦭(@ginzi.munch)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼便秘と吐き戻しがなくなった

 

▼好き嫌いの多い子でも美味しそうに食べる(魚味)

好き嫌いの多いコでも、とても美味しそうに食べてくれます
価格設定が高めですが、購入して良かったと思いました。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • 毛並みがツヤツヤになった
  • 便秘と吐き戻しがなくなった
  • 好き嫌いが多い子でも美味しそうに食べる

という口コミがあるね!!

はるま
無添加で人間も食べられる品質のフードだから、美味しいし健康にもいいんだね!

 

犬猫生活キャットフードの評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)
価格(円/税込み) 【通常価格】6,908円(750g×2袋)
【定期初回】500円(160g)1日100名限定
【定期2回目以降】5,258円(750g×2袋)23%OFF
内容量 750g
1日当たりの
食費(円/税込み)
184円(鶏肉/375.9円、魚/389.5円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
【国産の生鶏肉】
31%以上(乾燥重量値:約34.44%)/373kcal

【金沢港の朝獲れ魚】
30%以上(乾燥重量値:約33.33%)/360kcal

主なたんぱく源 【国産の生鶏肉】
生肉(鶏肉、牛肉、金沢港の旬の魚、鶏レバー)、カツオとマグロの魚粉

【金沢港の朝獲れ魚】
金沢港の朝獲れ魚、カツオとマグロの魚粉

動物性原材料
の割合(%)
記載なし
穀物使用の有無 使用していない(グレインフリー)
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 不揃い(大きいもので約1㎝)/細長い円柱
販売元 公式サイトはこちら

※ 公式サイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は公式サイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
仕入れ原料の添加物まで厳正にチェックしている、国産・高品質な犬猫生活キャットフード!

余計なものが入っていない安全なフードだから、体が未熟な子猫にも安心して食べさせられるよ!

 

\定期コースからの購入で最大23%OFF!/

 

 

アカナ(ファーストフィースト)

10種類目のおすすめは「アカナ(ファーストフィースト)」。

4半世紀にわたってペットフードを作り続け、国際的にも高い評価を得ているチャンピオンペットフーズ社がオリジンとともに販売しているキャットフードです。

本ランキングが厳選した10種類のキャットフードの中で唯一穀物を使用していますが、猫本来の食事である「動物を丸ごと食べる」を再現しており、

  • 使用されている動物性原材料の種類が多い
  • 動物性原材料が70%も配合されている

という点が高く評価できます。

また、アレルゲンになりやすい小麦グルテンは使われておらず、人工添加物フリーのため安心できるフードでしょう。

さらに、粒の大きさは約8㎜と小粒なため、子猫が食べやすいフードです。

 

アカナ(ファーストフィースト)の口コミ

ここでは、アカナ(ファーストフィースト)の第三者の口コミや評価を、SNSやECサイトのレビューから解説します。

 

悪い口コミ

まずは、アカナ(ファーストフィースト)の悪い口コミから見てみましょう。

 

▼トッピングしないと食べてくれなくなった

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RagamuffinCat.Collon(@collon1026)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

▼値段が高い

猫ちゃんは気に入っていたので機会があればリピートしたいですが、
お値段高めなので頻繁に購入するのは難しいです。。(引用:Amazon)

 

まりこ(奥さん)
  • トッピングしないと食べてくれなくなった
  • 値段が高い

という口コミがあるね。

はるま
食いつきに関しては色んな原因が考えられるから、食いつきが悪いときの対策を試してみてほしい!

値段が高いことに関しては、大手通販サイトのセールを狙おう!

 

良い口コミ

つづいて、アカナ(ファーストフィースト)の良い口コミを見てみましょう。

 

▼食いつきがよく、毛ツヤやお腹の調子もいい

ロイカナ 子猫後期から乗り換えました。こちらに変えてからさらによく食べるようになりました。 粒も小さくて食べやすいようです。 
毛艶も良くなりましたし、お腹を壊すこともありません。アカナはやはり安心できます。(引用:Amazon)

 

▼小さめで食べやすく、吐き戻しもなかった

小さめの食べやすい粒、匂いもお好みなようで、しっかり食べてくれました。吐き戻しもありませんでした。(引用:Amazon)

 

▼カリカリが嫌いな子もよく食べる

生後2ヶ月の子に、安いし、カリカリが嫌いな子なので色んなものを試しています。こちらは初めてですがよく食べてくれてます。(引用:楽天市場)

 

まりこ(奥さん)
  • 食いつきがいい
  • 毛ツヤやお腹の調子がいい
  • 粒が小さめで食べやすい
  • 吐き戻さない

という口コミがあるね!

はるま
約8㎜の小粒だから子猫も食べやすいし、動物性原材料が70%も入っているから消化もしやすいんだと思うよ!

 

アカナ(ファーストフィースト)の評価結果

   評価結果&概要
総合評価 4 out of 5 stars (4 / 5)
価格(円/税込み) 340g/1,056円
1.8kg/4,537円
内容量 340g/1.8kg
1日当たりの
食費(円/税込み)
151.2円(287.2円)
たんぱく質の割合(%)/
カロリー(100gあたり)
37%以上(乾燥重量値:約41.11%)/351kcal
主なたんぱく源 新鮮鶏肉、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレートニシン、
ホールオーツ、ディハイドレート七面鳥肉、生の丸ごとニシン、
巣に産み落とされた新鮮卵、生うずら肉、新鮮鶏内臓 (レバー、心臓)
動物性原材料
の割合(%)
70%
穀物使用の有無 穀物使用
フードのタイプ ドライフード
粒の大きさ/形 約8㎜/三角形
販売元 公式サイトはこちら

※ 大手ECサイトの最安値と成猫の1日平均食事量60gから算出。カッコ内は大手ECサイトの最安値と生後6か月・体重3㎏の子猫の1日エネルギー要求量400kcalから算出。

 

はるま
バラエティ豊かな動物性原材料を70%も使用しているアカナ(ファーストフィースト)!

「動物を丸ごと食べる」を再現したレシピで、子猫の食いつきも健康も手に入れられるよ!

 

 

 

安いキャットフードじゃだめなの?その疑問にお答えします

子猫の健やかな成長のためにも、少しでも良いキャットフードを選びたいですよね。しかし、栄養バランス・安全性ともに優れたキャットフードは価格が高くなりがちです。

 

これからどんどんお金が掛かるし、安いキャットフードで食費を抑えたいな…。

 

と、思ってしまうのも無理もありません。

しかし、安いキャットフードはたとえ栄養バランスを満たしていたとしてもおすすめできません。なぜなら、安いキャットフードはコストを抑えるために主原料が穀物であったり、人工添加物を使用していたりするためです。

 

はるま
キャットフードで避けたい原材料や添加物は次のようなものがあるよ!

 

▼避けるべき添加物

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  使用目的 予測されるリスク
ブチルヒドロ
キシアニソール
(BHA)
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加
ジブチルヒドロ
キシトルエン
(BHT)
酸化防止剤 変異原性の発症
(DNAや染色体に損傷を与え、
突然変異を 起こすことが原因)
エトキシキン
酸化防止剤
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加
没食子酸
プロピル
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 猫の成長を阻害する
  • アレルギー性皮膚炎発症
亜硝酸
ナトリウム
  • 発色剤
  • ボツリヌス菌
    増殖抑制
  • 風味の改善

大量に摂取すると

  • メトヘモグロビン血症になる
  • 最悪の場合死に至る
タール色素
(青色〇号、
赤色〇号など)
着色料 発がん性リスクの増加
(現在は食品添加物から除外)
プロピレン
グリコール(PG)
保湿剤や
乳化剤

大量に摂取すると

  • 赤血球を破壊
  • 体内の水分を奪う
  • 内臓機能の低下
ソルビン酸
カリウム
 防腐剤 発がん性リスクの増加
グリシリジリ・
アンモニエート
甘味料 
  • 人向けの食品では使用禁止
  • 猫も摂取を避けるべき添加物
    (何が起こるかわからない)

 

▼避けるべき原材料

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  使用目的 予測されるリスク
○○粉、
○○肉副産物、
▽▽ミール、
□□粉、
◇◇パウダー
動物性油脂
(4D該当材料)
安価にする
  • どのような肉が加工されている
     かわからない
  • 何が起こるかわからないため
     避けるべき
    懸念される症状)
    アレルギー、免疫力の低下、
    内臓病発症、体臭や口臭の悪化、
    涙やけの発症等のリスクあり
ビートパルプ
  • かさ増し
  • 甘味の向上

摂取しすぎると

  • うんちが固くなり便秘に
  • 糖分を多量に摂取するため肥満に
穀物(グレイン)
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し
アレルギー症状を引き起こす
とうもろこし
コーングルテン
コーングルテン
フィード
コーングルテン
ミール
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し

トウモロコシ自体はミネラルが豊富で、
糖分も高く栄養価は高いものの

  • 芯がミックスされているもの
    ⇒腸閉塞(ちょうへいそく)発症のリスク
  • 食物繊維が豊富
    ⇒過剰摂取で下痢を引き起こすリスク

そのため、極力避けたい原材料

大豆

たんぱく質
摂取

がん予防効果のイソフラボンも含まれるが、

  • 過剰に摂取する
    ⇒下痢の発症、腎臓、副腎の機能低下
  • 腎臓病、心臓病、貧血の治療中の犬は注意

そのため、極力避けたい原材料

※4Dに関する詳しい説明はこちら

 

まりこ(奥さん)
安いフードには、上記の原材料や添加物が使われているの?
はるま
安いと必ず入っているわけではないけど、僕の経験上、安いフードにはだいたい入ってるんだよね。

ランキング上位のプレミアムフードと下位の安いフードを3つずつピックアップして、原材料の内容を比べてみたから見てみよう!

 

▼ランキング上位3商品(プレミアムフード)の原材料

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  原材料
ジャガー
キャットフード

肉類(チキン生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、チキンレバー、鴨生肉)、
魚類(生サーモン、生マス)、ジャガイモ、エンドウ豆、
サツマイモ、乾燥卵、チキングレイビー、チキンオイル、
アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、
フェンネル、マリーゴールド、カモミール、ペパーミント、
フラクトオリゴ糖、アニス、フェヌグリーク、リンゴ、ニンジン、
クランベリー、セイヨウタンポポ、海藻、カボチャパウダー、
ローズマリー、ホウレンソウ、ビルベリー、
ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、
ビタミン類(E、C、A、B1、B2、D3)、メチオニン、タウリン、
リジン、L-カルニチン、プロバイオティクス
カナガン
キャットフード

(サーモン)

生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、
乾燥白身魚14%、サツマイモ、サーモンオイル5%、ジャガイモ、
生マス2.5%、ジャガイモタンパク、サーモンスープ2%、
アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、
フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、
カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、
アミノ酸類(メチオニン、リシン)、タウリン、
ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)
モグニャン
キャットフード

白身魚65%、タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、
ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、
サーモンオイル、フィッシュスープ、バナナ、リンゴ、
クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、フラクトオリゴ糖、
マンナンオリゴ糖、タウリン、
ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、
酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、
ビタミン類(ビタミンA、D3、E)、乳酸菌

 

▼安いフードの原材料(避けるべき原材料と添加物をオレンジにしています)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  原材料
アイムス子ねこ用

肉類(チキンミール家禽ミール、チキンエキス)、
とうもろこし、植物性タンパク、油脂類(鶏脂、ひまわり油)、
魚介類(まぐろミールツナミール)、家禽類、大麦
食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、マリーゴールド、初乳、
ユッカ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、
コリン、ナイアシン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、
クロライド、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素)、
アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、
クエン酸、BHABHT
ヒルズサイエンス
ダイエットキトン

トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ動物性油脂
ポークエキス、魚油、ビートパルプ、亜麻仁、植物性油脂、
セルロース、、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、
カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、
セレン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、
アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、
ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、
ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、
緑茶抽出物)
ビューティープロ
子猫用

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)
肉類(牛肉粉、チキンミール、豚肉粉)
油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、魚介類(フィッシュパウダー
マリンコラーゲン)、ビール酵母(β‐グルカン源)、オリゴ糖、
海藻粉末(DHA源)、乳酸菌加熱菌体、GABA、
ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、
銅、亜鉛、ヨウ素)、pH調整剤、
ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、
ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、
アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、
ヒアルロン酸

 

まりこ(奥さん)
安いフードには好ましくない原材料や添加物が入っているね…。
はるま
上記はあくまで一例に過ぎないけど、愛猫のキャットフードを選ぶときは原材料欄をよくみてほしい!

 

愛猫は、あなたが選んだご飯を食べるしかありません。

安いフードが体に悪いとは言い切れませんが、愛猫が健康な成猫に成長できるよう、原材料は必ずチェックしましょう。

 

合わせて読みたい関連記事

安全なキャットフードの選び方について詳しくわかる記事はこちら。

この記事を読むと、

  • 食べてはいけないキャットフード実名リストの真相
  • リスト入りしたキャットフードの実名
  • 安全なキャットフードの選び方

がわかるため、愛猫の健康を守り末永く幸せに過ごせるようになります。

>>食べてはいけないキャットフードの実名を暴露!真相をペットフードアドバイザーが徹底解説!を見る

 

子猫におすすめなキャットフードのよくある質問疑問10選

ここからは子猫とキャットフードに関するよくある質問について、ペットフードアドバイザーの視点からお答えします。

 

子猫のフードの選び方は?

子猫は成猫よりもたくさんの栄養素やエネルギーを必要とするため、高たんぱく・高カロリーなフードを選ぶと良いでしょう。

また、子猫は噛む力が弱いため、食べやすさも重要です。ドライフードは小粒で食べやすいものや、ふやかしやすいものを選んであげましょう。

 

子猫にカリカリだけ与えても大丈夫?

子猫用、もしくは全年齢対応の総合栄養食であれば問題ありません。

子猫に対応している総合栄養食は、水とフードだけで子猫に必要な栄養を摂取できるように作られています。そのため、カリカリと水だけ与えていれば問題ありません。

 

生後2ヶ月の猫のフードは?

子猫によって成長のスピードは違いますが、生後2ヶ月以降はそろそろ固形食を与えられる時期です。

生後2~3ヶ月頃には乳歯が生えそろうため、固形食を食べられるようになります。そのため、今までふやかして与えていたフードを少しずつ固くして、離乳食から固形食に移行しましょう。

 

子猫は1日に何回ごはんを食べればいいですか?

子猫の1日の食事回数の目安は

  • 生後2~6ヶ月⇒4~5
  • 生後6~12ヶ月⇒2~3

です。

子猫の胃は小さく消化機能も未発達なため、一度に少量しか食べられません。そのため、成長が著しい生後2~6ヶ月は食事を4~5回に分けて与え、成長が緩やかになる生後6~12ヶ月は2~3回に分けて与えると良いでしょう。

 

子猫用フードは何ヶ月まであげればいいですか?

生後10~12ヶ月までは子猫用のフードを与えましょう。

一般的に猫の成長期は生後1年までといわれています。成長期の栄養不足は成長不良につながるため、生後10~12ヶ月までは子猫用のフードを与えましょう。

 

子猫にカリカリはいつから与えられますか?

生後2~3ヶ月頃から与えられるようになります。

子猫の成長は個体差がありますが、生後2~3ヶ月頃には乳歯が生えそろい、固形食を食べられるようになります。そのため、生後2~3ヶ月になったら離乳食からカリカリなどの固形食へ移行しましょう。

 

子猫に成猫用フードを与えてもいいですか?

子猫が成猫用のフードを食べても大きな問題はありませんが、与え続けるべきではありません

成長期である子猫は成猫よりも多くの栄養やエネルギーを必要とするため、成猫用のフードでは成長に必要な栄養を摂取できない可能性があります。そのため、子猫には子猫用のフードを与えましょう。

 

子猫に水はいつから与えればよいですか?

離乳食を開始する生後4週目頃には、いつでも新鮮なお水が飲めるようにしましょう。

子猫は生後4週目頃から乳歯が生え始めるため、ミルクから離乳食へと徐々に移行します。また、ドライフードに移行する生後8週目頃には多くの子猫が水を飲むようになります。

 

生後3か月の子猫におやつは必要ですか?

生後3か月の子猫にはおやつを与えるべきではありません

生後3か月は猫の成長にとって重要な時期であり、主食からバランスよく栄養を摂る必要があります。また、消化器官や噛む力も未発達です。そのため、生後3か月の子猫にはおやつを与えないようにしましょう。

 

子猫はどのくらい食べなくても大丈夫?

ご飯を食べない時間が、

  • 生後1~2ヶ月⇒8時間以内
  • 生後2~3ヶ月⇒12時間以内
  • 生後3~4か月⇒16時間以内
  • 成猫⇒24時間以内

であれば問題ないといわれています。

また、子猫の食欲不振は命に関わるため、早めに動物病院を受診しましょう。

 

子猫のキャットフード選びで迷ったら ジャガーがおすすめ

ここまで、当サイトが厳選した子猫におすすめのキャットフードを紹介しましたが、

 

結構種類があるし、どれにするか決めきれないよ…。

 

と、悩んでいる飼い主さんもいるでしょう。

そんなあなたには、ジャガーキャットフードがおすすめです。

 

はるま
ジャガーキャットフードがおすすめな理由をまとめたよ!

 

ジャガーキャットフードをおすすめする理由
  1. たんぱく質37%以上(乾燥重量値:約40.22%)/387.5kcal(100gあたり)のため、高たんぱくでカロリー量も充分
  2. 原材料の約80%に子猫が消化しやすい動物性原材料を使用している
  3. 子猫が消化しづらい穀物を使用していない
  4. 粒の大きさが約1㎝で平たいドーナツ型のため、子猫でも食べやすい
  5. ヒューマングレードの原材料を使用
  6. 香料・着色料不使用のため安心・安全
  7. 欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした工場で生産
  8. 乳酸菌配合でお腹の調子を整える
  9. 動物性原材料を約80%も使用しているにもかかわらず、継続しやすい価格設定

※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用
※乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用

 

子猫期は猫の体をつくるうえで非常に重要な時期です。子猫期の栄養不足は一時的な問題ではなく、生涯にわたり影響します。

 

はるま
子猫期に栄養不足になってしまうと、大きく成長できなかったり、被毛や歯に影響がでたりしてしまうよ。

 

▼子猫期の栄養不足により、成猫になっても大きくなれない猫ちゃん

 

▼子猫期の栄養不足により前歯に永久歯が生えなかった

 

▼子猫のときは栄養不足で毛の質が悪かった

 

まりこ(奥さん)
栄養不足って怖い…。

ちゃんと子猫用の総合栄養食をあげないとだね!

はるま
そうだね。

でも、子猫用の総合栄養食なら何でもいいってわけじゃないんだ。

 

いくら栄養バランスに優れたフードであっても、消化不良を起こしてしまったら子猫は必要な栄養を摂取できません。

しかし、市販の安価なフードには、多くの場合穀物人工添加物といった子猫が消化不良を起こしやすい原材料が使用されています。

 

まりこ(奥さん)
ちゃんと消化できるフードをあげないといけないんだね…。

 

ジャガーキャットフードを実際に使用した飼い主さんは

  • 子猫でも安心して与えられる
  • 食いつきがいい
  • 匂いが美味しそう
  • 便の調子が良くなった
  • 毛ツヤが良くなった

という感想を残しています。第三者からの評価が高いジャガーキャットフードであれば、子猫は元気に成長し、あなたも愛猫もかけがえのない日々を過ごせるでしょう。

 

まりこ(奥さん)
か弱くて可愛い子猫ちゃん、強くたくましく成長してほしいね!
はるま
子猫の未来はあなたの選択次第!

動物性原材料たっぷりで安全性も高いジャガーキャットフードは子猫にぴったりなフードだよ!

 

\定期コースからの購入で最大20%OFF!/

 

飼い主100人のリアルな声からわかったこと…それは、安いキャットフードをあげ続けると、愛猫が思わぬ健康トラブルに見舞われてしまう可能性があるという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のキャットフードの中には、不安の残る品質の原材料(またはお肉)が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛猫に、もしそうとは知らず食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のキャットフードは何か、47種のキャットフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

 

\キャットフード選びに悩む日々とお別れしよう!/

\初回は半額!食事の悩みを解消するフードはこちら!/
\初回は半額!食事の悩みを解消するフードはこちら!/